ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【アキバックス】PSPゲーム『AKIBA’S TRIP』実際の場所と比較してきた! 駅前は工事中?(後編)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大丈夫だ、問題無い。

5月19日に発売されたアクワイアのPSP用ゲーム『AKIBA’S TRIP(アキバズトリップ)』。秋葉原(外神田)を舞台としたアクションゲーム。

今回ガジェット通信は実際に秋葉原にてゲームに登場する舞台と実在の秋葉原を比較する企画を決行。既に公開されている前編では中央通り3箇所、ジャンク通り、芳林公園を紹介してきた。まだ前編をご覧になっていないかたはそちらをご覧頂きたい。

後半では「裏通り」、「中央通り南東」、「UDX」、「駅前」を紹介したいと思う。

前編:http://getnews.jp/archives/117661

※全ての画像を閲覧したい方は、こちらからご覧下さい。

<裏通り>

裏通り

このゲームでは裏通りと呼ばれる場所だ。

細麺がおいしいと評判のラーメン屋。

細麺がおいしいと評判のラーメン屋。

ゲームではアジトの入り口となっている場所。

ゲームではアジトの入り口となっている場所。現実ではエロDVDが販売されている。

「あきばお~」と「ぽぽぷれ」

「あきばお~」と「ぽぽぷれ」。2階から手を振るメイドさんとリアルドールは名物。

CASIOではなくSICAOになっている。

CASIOではなくSICAOになっている。

もうすぐ無くなる予定のジーンズメイト。

もうすぐ無くなる予定のジーンズメイト。

正面に見えるAOKIの広告写真まで再現されている。

正面に見えるAOKIの広告写真まで再現されている。

<中央通り南東>

docomoがcodomoになっている。ラムタラはそのまま。

docomoがcodomoになっている。ラムタラはそのまま。

中央通り南東から見える住友不動産秋葉原ビル。

中央通り南東から見える住友不動産秋葉原ビル。このゲームではこのビルは舞台となっておらず中に入ることができない。

先ほど裏通りのジーンズメイトから見えたAOKI。

先ほど裏通りのジーンズメイトから見えたAOKI。

<UDX(UD+)>

UDXらしいばしょ

UDXに行くまでの歩道。なおゲーム内では「UDX」ではなく「UD+」と表記されている。

内部

ゲームでは序盤にエージェントがたむろする場所。

駅が見える。ゲームでは止まっている電車も見ることができる。

駅が見える。ゲームでは止まっている電車も見ることができる。

エスカレーター。

エスカレーター。ゲームではこれ以上上に行くことができず封鎖されている。

「AKIBA ICHI」と書かれている。

「AKIBA ICHI」と書かれている。奥にある背景がやや違う。

UDX(UD+)を更に進んだところ。

UDX(UD+)を更に進んだところ。コーヒーショップは無い。

<駅前>

駅前のヤマダ電機。

駅前のヤマダ電機。実際に店内にて買い物が可能。

左に見えるカレー屋。

左に見えるカレー屋は再現されている。SEGAは開発が間に合わなかったようだ。

秋葉原駅も工事中のデーターとなっている。

秋葉原駅も工事中のデーターとなっている。データ更新はあるのか?

NEWDAYDあたりは再現されている。

NEWDAYDあたりは再現されている。

ラジオ会館もあるよ。

ラジオ会館もあるよ。ちなみにゲームではラジオ会館前まで行くと駅前エリアから強制的に出てしまい手前まで行くことが出来ない。

以上で『AKIBA’S TRIP』と実際の秋葉原との比較になる。秋葉原に詳しい人ならゲームを遊んでいるだけで、「あーあの場所か」とニヤリとしてしまう場所がまだまだある。
セガのゲームタイトル『龍が如く』シリーズの舞台となっている神室町は、歌舞伎町をイメージした架空の街を再現したもの。しかし『AKIBA’S TRIP』は実際の秋葉原と銘打っているだけあってリアル店舗の数もそれだけ多い。

肝心のゲーム内容は後日のレビューにてレポートできたらと思う。みんなも秋葉原に興味ある人は遊んでみては如何だろうか?

AKIBA'S TRIP


AKIBA’S TRIP

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。