ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Nexus 5X / 6PのFAQでQuick Chargeのサポートを止めたことやなぜ2モデルを出した理由などを明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Nexus のプロダクトフォーラムで今週発表された「Nexus 5X」と「Nexus 6P」のよくある質問に回答するスレッドを立てていました。スレッドには「FAQ」の欄に様々な質問と回答が掲載されていますが、その中でもあまり知られていないことをまとめました。まず、Google は Nexus 5X / 6P で Quick Charge のサポートを止めましたが、この理由について、USB Type-C をサポートしたからだと述べています。両モデルは USB Type-C で最大 15W での充電が可能です。これは Quick Charge 2.0 レベルの充電スピードを実現しており、そのため、サポートを止めたとしています。次に、Google はなぜ今年は 2 つの Nexus スマートフォンを出したのかについても回答していました。Google は、Nexus 5 の発売後、購入希望者の一部に私生活と仕事で大画面端末を使いたい方もおり、Nexus 5 でその顧客層を逃したことを戦略ミスだとしています。そのため、今年モデルは幅広いユーザー層をカバーするために、Nexus 5 と Nexus 6 の後継として大小 2 つの Nexus を出したそうです。このほか、Nexus 5X / 6P と前作(Nexus 5 / 6)からの大きな違いとして、Nexus カメラ、Nexus Imprint(指紋認証をサポートしたことで可能になった機能群の総称)、Android Sensor Hub、USB Type-C のサポートを挙げています。Source :

■関連記事
SamsungがGear ManagerアプリをGoogle Playストアにリリース、Samsungスマートフォン以外でも利用可能
CyanogenModスマートフォン「ZUK Z1」が欧州で発売
英Handtecが折りたたみ式Androidスマートフォン「LG Wine Smart(LG Gentle)」の販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP