ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題の経営者30人が実践する「成功の習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。
ここで紹介するのは「Inc」のライターChristina DesMarais氏が選んだ、今話題の30人の経営者が実践している習慣。
彼らが行うルーティンの中に、きっと真似したくなるものがあるはずです。

01.
昨日までの恐怖を捨てて
毎日チャレンジする

「大切なのは、毎日新しいチャレンジをすること。2008年、片道のチケットを持ってブエノスアイレスにいってなければ、今のビジネスパートナーとなるAaron Firestein氏には出会えなかったのだから」ーーRaaja Nemani氏(靴ブランド、BucketFeet社の共同創設者でありCEO。彼は旅の中で出会ったFirestein氏と2011年に起業している)

02.
“最悪”な日なんて
存在しないと思う

「以前尊敬する経営者が、73歳になったけど悪い日なんて1日もなかったと言っていたのが心に刺さったんだ。経営する中で大変なことはいくつも起こるけど、すべては自分の捉え方次第なんだなって」ーーDan Teran氏(オフィス清掃会社Managed by QのCEO)

03.
業界の話題は
Twitterで常にチェック

「毎日1〜2時間はTwitterでニュースを見る。周りの人たちが何をしているかチェックしているんだよ」ーーMichael Bruch氏(オンラインデーティングサイトWillowのCEO)

04.
どんなに時間をかけてでも
人に会いにいく

「人に会いにいかなければ、貴重なアドバイスをもらうことなんでできないよ」ーーLiat Zakay氏(ファッションサイトDonde FashionのCEO)

05.
チームの人数にって
働き方を変える

「4人のチームと、28人のチームが同じ働き方をしてもうまくいかない。その時の環境に合わせて、やり方を変化させることが大切」ーーZach Suppala氏(IoTを推進する会社ParticleのCEO)

06.
アイデアは
遊ぶことで生まれる

「オフィスにはいたるところにオモチャが置いてある。アイデアがどうしても思いつかない時は、遊ぶようにするんだ。息抜きに遊ぶと、思いがけないアイデアが思い浮かぶもの。脳は筋肉と同じで使ったら休ませないと」ーーDan Hogan氏(医療技術で在宅看護に貢献するMedalogixのCEO)

07.
大物だからって遠慮せず
話しかける

「こちらの要望が明確なら、たいていの人は話を聞いてくれる」ーーKagan Schouwenburg氏(3Dプリント技術を開発するSOLSのCEO)

08.
5分前行動が
信頼につながる

「時間をキッチリ守る。当たり前のことだけど、できていない人が多い。これができないとすぐに信頼を失ってしまう。リーダーなら特に、時間は厳守しよう」ーーAndy Bailey氏(58企業に対してビジネスコーチングを行うPetraの創設者)

09.
どんなにつまらないことも
笑顔で楽しくする

「仕事は楽しいことばかりじゃない。地味な作業でも楽しんでやれば、他の社員たちにいい影響を与えるんだよ」ーーHerbert Moore氏(投資のアドバイスを行うWiseBanyanのCEO)

10.
YouTubeにあがっている
インタビューを毎晩見る

「毎晩、YouTubeで尊敬する人のインタビューやパネルディスカッションを見る。Brian Cheskyからはカルチャーを学び、Neil Blumenthalからはブランディングを学び、Esther Dysonからはリーダーシップを学ぶんだ」ーーLydia Gilbert氏(女性のスタイリングサービスを提供するDia&CoのCOO)

11.
瞑想を朝と夜に
欠かさず20分行う

「ジムにいかず、瞑想を毎朝、そして毎晩20分行う。これを習慣化したことで自分の進むべき道がハッキリした」ーーElliot Tomaeno氏(PR会社ASTRSKのCEO)

12.
時短のため本を読むより
オーディオブック

「通勤には、片道45分かかる。その間に興味のある本をオーディオブックで聞くようにしているんだ。ここ2年半で40冊以上は聞いたけど、経営のスキルが磨かれたと思う。本を読むより時間はかからないし、車の中では誰にも邪魔されないからね」ーーGeorge Zlatin氏(米国内でデジタルマーケティングを扱うDigital Third Coastの共同創設者)

13.
1日のはじまりは
ポジティブに過ごす

「朝起きたら必ず、家族や友だち、社員に対して感謝する。ポジティブな気持ちで1日をスタートすることで、自分だけではなくまわりも幸せにするんだ。腐ったリンゴがあると、他のリンゴも腐ってしまうのと同じことさ」ーーGary Miliefsky氏(世界30カ国に顧客を持つネットセキュリティ会社、SnoopWallのCEO)

14.
社員との時間は
24時間常に最優先する

「アジアやヨーロッパ、南米などスタッフは世界中いたるところにいる。ビジネスをうまく進めるには常に連絡を取れることが大切。朝はヨーロッパ、昼はアメリカ、夜はアジアと少し忙しいが社員には優先して時間を割く」ーーMike Sands氏。(クロスチャネル・マーケティング技術を駆使するSignalのCEO)

15.
通勤時間に
必要な人と電話する

「大切な電話は、朝会社にいく車の中ですることが多い。車での移動は渋滞に巻き込まれて通勤時間が長くなるデメリットもあるが、車内の時間は誰にも邪魔されない自分だけの時間。出社前に電話をすませれば、その分仕事に集中できるんだよ」ーーDavid Goldin氏(中小企業の資金調達を手助けするCaptifyのCEO)

16.
会議の前に資料を読んで
ムダな時間を作らない

「会議の前に必ず資料に目を通して、無駄な時間を過ごさないようにする」ーーCraig Boundy氏(データ分析ツールを開発するExperian社、北米支部のCEO)

17.
ヨガをして
心とカラダのバランスを整える

「ヨガをしている時は余計なことを考えず、自分と向き合えるようになるんだ。世界中どこでもできるし、日々続けることで心身ともに鍛えられるんだよ」ーーJohn Swanciger氏(中小企業のコミュニティサイトを運営するMantaのCEO)

18.
リーダーの役割は
最適な環境をつくること

「リーダーだから、なんでも自分ですべきだと思っていたんだ。でもある時、チームメンバーの能力を伸ばすための環境づくりこそ自分の役割だと気付いた」ーーMatt Lautz氏(クラウド型コミュニケーションサービスを提供するCorvisaのCEO)

19.
寝る前に
30分間散歩をする

「毎晩子供が寝てから、音楽を聞かずに30分歩くようにしている。そうすることで、頭がクリアになってストレスも解消されるんだ。15年前Harry Truman氏の伝記を読んでからこの習慣をはじめたんだけど、それ以来ぐっすり眠れるようになったよ」ーーCharlie Silver氏(クライアントのデータ分析を行うAlgebraix DataのCEO)

20.
“ありえない”と思うことを
想像する

「想像力を豊かにすることで思いがけないアイデアが浮かんだり、人のやる気を上げる言葉が出てくるようになる。たまには、現実の世界から頭を解放させることが大切」ーーAlicia Navarro氏(自動でアフィリエイトコードを追加するサービス、SkimlinksのCEO)

21.
朝食の時に
感謝していることを3つ考える

「朝はプロテインシェイクと搾りたての野菜ジュース、それにエスプレッソのダブルを飲むのが定番。そして食事をしている時に、自分が最も感謝していることを3つ思い返すんだ」ーーMicheal McDevitt氏(環境に優しく健康的な食事を宅配するTerara’s KitchenのCEO)

22.
寝室にはスマホと仕事を
持ち込まない

「寝室は神聖な場所。テレビやスマホ、仕事は寝室に持ち込まない。仕事から切り離した時間があるからこそ、ストレスが減り仕事も円滑に進められる。さらにパートナーを大切にすることができるようになるんだよ」ーーMark Fachler氏(野菜の宅配サービスVeestroのCEO)

23.
ビジュアルイメージを
うまく使いこなす

「未来のことを説明する時は、言葉だけではなく絵や写真を見せながら話す。そうすることで、聞き手の想像力を刺激して自分と同じ未来をイメージできるようになるんだよ」ーーRob-Jan de Jong氏(コンサルティング会社Vongoloの創設者)

24.
毎日の日課に
エクササイズを取り入れる

「運動をルーティン化することで、仕事も人生も充実できるようになってくる。これは12年間毎日、エクササイズを続けてわかったことだ」ーーHannibal Baldwin氏(オンラインの不動産サービスSiteZeusのCEO)

25.
難しい局面こそ
ポーカーフェイス

「リーダーの顔色を見て、チームメンバーは状況を把握する。だから、緊急時こそ落ち着いて冷静な行動をするように。またメンバーに浮かない顔をしている人がいれば、彼らとしっかり話すことで事前にトラブルを防ぐこともできる」ーーMike Robinson氏(企業向けの電話システムを開発するBroadView NetworksのCEO)

26.
常に30%の
余白を残しておく

「完璧な決断を下すためには、70%のデータ分析と30%のゆとりが大事。余白を残しておくことで、本当に重要なことが理解できて、不要なことを取り除けるんだ」ーーTom Cotney氏(顧客のメッセージ情報を企業に提供するMbloxのCEO)

27.
1日、1週間、1ヶ月で
やるべきことを3つリスト化

「1日のはじめに、やらないといけないことを3つリストアップする。そしてその週と月にすべきこともリスト化することで予定通り達成できるようになるんだ」ーーLisa Dolev氏(手荷物チェックの技術を提供するQylurのCEO)

28.
どんな人からも質問しやすい
環境をつくる

「1日に必ず、1人の社員から質問を受けるようにしている。どんなことでも聞ける環境を作ることが大事。Q&Aセッションを実施すると新しいアイディアを思いついたり、問題解決に繋がったりするんだ。コツは、毎回Q&Aセッションのスタイルを変えること」ーーJyoti Bansal氏(アプリケーションのパフォーマンス管理をするAppDynamicsのCEO)

29.
毎日1回は
顧客の言葉に耳を傾ける

「顧客から、自社サービスの意見を聞くことでより深く理解できるようになる。ビジネスの成長に彼らの声は欠かせない」ーーNavid Hadzaad氏(オペレーターが24時間答えてくれるパーソナルアシスタントサービスGoButlerのCEO)

30.
1日のはじめに
未読メールをゼロにする

「1日を効率的に過ごすには、6時に起床して受信メールを一旦ゼロにする。大切なメールを事前にチェックしておくことで、重要なミーティングに集中できるようになる」ーーBenjamin Habbel氏(ホテル特化型の、ソーシャルCRMを開発するVoyatのCEO)

Licensed material used with permission by Inc.com

関連記事リンク(外部サイト)

早起きが人生で成功する11のワケ。「夜にアイデアを出して、朝に実行!」
すべての人が、朝10時までにしておくべき「10のコト」
【徹底調査】毎朝、空腹で「リンゴ酢+ハチミツ」を1ヶ月間飲み続けた結果・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP