体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

写真をシェアしなかったセルフィーガール「ヴィヴィアン・マイヤー」

Photo credit: ©Getty images

Photo credit: ©Getty images

こんにちは。TRiPORTライター、旅と写真できている赤崎えいかです。 2007年、ある青年がガレージセールでひとつの箱を落札しました。そこに入っていたのは大量の写真ネガ。いくつかの写真をオンライン上に掲載すると、その写真は瞬く間に世界中に広がり「20世紀最大の写真家」と絶賛されます。

写真の撮影者はヴィヴィアン・マイヤー(以下、ヴィヴィアン)。職業は乳母兼家政婦でした。15万枚もの写真を撮影しながら一枚も公表することなく、生涯独身でひっそりと亡くなっていたのです。

今回は、そのネガをガレージセールで購入し、ヴィヴィアンを世界に紹介した青年、ジョン・マルーフ監督にお話を伺いしました。

ーヴィヴィアンの写真を発見したとき、すぐにその価値に気付きましたか?
正直なところ、箱の中にあまりにも大量のネガが入っていたから、すぐにその価値に気付いたわけではなかったよ。時間をかけてヴィヴィアンの作品を理解していったんだ。まだたくさんの写真ネガがスキャンされるのを待っているし、映画の撮影途中にもどんどん新しい写真が出てきたので、急遽映画の中に入れたものもある。これからも新しいヴィヴィアンの写真に出逢うのを僕自身も楽しみにしているよ。

ーヴィヴィアンはどんな街で、どんなところを撮っているのでしょうか?
彼女は1956年まではニューヨーク、1957-1990年代はシカゴを中心に撮影しているけれど、街に住む人たちの写真が中心だね。子どももたくさん撮っているし、家族、親子の関係性、それから終焉にいる人にも興味を持っている。アウトサイダーと呼ばれる人、ホームレス、ストリートに暮らす人たち、世界に入りきれない人たちにカメラを向けた写真も多く残っているよ。 ヴィヴィアンは社会や政治にも関心が強くて、意見や意思を強く持っていることが写真を見てるとわかるよ。

Photo Credit: Ⓒ Vivian Maier_Maloof Collection Ⓒ 2013 RAVINE PICTURES, LLC.  ALL RIGHTS RESERVED.

Photo Credit: Ⓒ Vivian Maier_Maloof Collection
Ⓒ 2013 RAVINE PICTURES, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ーそのような人たちを撮るのに、ニューヨークやシカゴは適切な場所だったのでしょうか?
この二つの場所は、いろいろなタイプの人たちが集まってきている都市だから、いい場所だと思うよ。様々な人種、労働者、貧富の差も激しいし、文化も興味深い。ヴィヴィアンは貧しい地域や、危険といわれる場所へわざわざ夜に行って犯罪のシーンの写真も撮っていることから、いつでもカメラを持って探検しながら写真を撮っていたとわかるよ。 時代は変わっても、今でも彼女が撮影した当時と変わらない場所も残っているから、行くと繋がりを感じることができるね。

ー1960年代当時、女性が街中でカメラを構えるというのは、どのような印象を他者に与えるものだったのでしょうか?
今のように誰もがカメラを持っている時代ではなかったし、彼女のようにエキセントリックな人が公衆の面前で写真を撮っていたのだから、周りの人はかなり怖がっていた部分もあると思うよ。だからこそ彼女は自由に写真を撮れた部分もあるかもしれないけどね。

Photo Credit : Ⓒ Vivian Maier_Maloof Collection Ⓒ 2013 RAVINE PICTURES, LLC.  ALL RIGHTS RESERVED.
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。