体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一度は見たい!北海道ならではの紅葉絶景5選

三国峠

全国で最も早く紅葉が始まる北海道では、「北海道の屋根」とも呼ばれる大雪山系にある黒岳の9月中旬の紅葉に始まり、山々から市街地へと徐々に全道各地に降りてきます。

今回ご紹介するのは、紅葉の中を空中ドライブするかのような「三国峠」、モクモクと湯煙が立ち上がる光景と紅葉の対比が楽しめる「地獄谷」、柱状節理の渓谷美が色づく「大雪山国立公園」など、北海道ならではの紅葉名所へご案内します。

また、滝めぐりが人気の「恵庭渓谷」の紅葉、混み合う夏とはガラリと雰囲気が変わる「美瑛の丘」など紅葉時期に訪れると一味違った絶景を発見できますよ。

1.三国峠

北海道一標高が高い峠を行く、まるで紅葉の空中散歩

三国峠

シラカバやイタヤカエデなどが色づき素晴らしい眺め

上士幌町から層雲峡温泉方面へと抜ける峠。標高1139mに位置し、樹海と松見大橋が織りなす絶景を眺めながら進むと、まるで空中を運転しているかのような気分に。

紅葉時期になるとシラカバやイタヤカエデなどが色づき、北海道民も一度は見てみたいと憧れるビュースポット。展望台にある「三国峠茶屋」では自家焙煎のハンドドリップコーヒーを提供しているので、ドライブ途中に立ち寄ってみて。

<例年の紅葉の見頃>9月中旬~10月上旬 三国峠
TEL/01564-4-2224(上士幌町観光協会〔ひがし大雪自然館 内〕)
住所/北海道河東郡上士幌町三股番外地
「三国峠」の詳細はこちら

2.地獄谷

地獄めぐりに彩りを添える、登別の紅葉

地獄谷 湯煙と硫黄の香り、紅葉の赤が五感で楽しませてくれる

温泉天国・北海道の中でも、多種類の泉質を持つことで知られる登別温泉にあり、温泉街から歩いて行ける観光スポット。硫黄の香りの中、モクモクと湧き立つ湯煙の中を進むと、まさに地獄めぐりの気分を味わえる。

紅葉時期は赤の彩りが加わり、登別温泉でしか見られない風景が楽しめる。1周20分ほどの遊歩道をが設けられているので、気軽に立ち寄ってみて。

<例年の紅葉の見頃>10月上旬~10月下旬(変動する場合あり) 地獄谷
TEL/0143-84-3311(登別観光協会)
住所/北海道登別市登別温泉町無番地
「地獄谷」の詳細はこちら

3.大雪山国立公園

柱状節理の巨大な岩壁と木々の鮮やかさの渓谷美

大雪山国立公園 大函までは層雲峡温泉から車ですぐ

日本で最も早く紅葉が楽しめる大雪山国立公園では、標高1984mの黒岳から層雲峡まで、ナナカマドやカエデなどの色づきが約1ヶ月かけて下りてくる。その中でも渓谷美が美しいとされる大函は、層雲峡温泉より北見方面へ約6Km、新大函トンネルを過ぎるとすぐ左手に位置する。

柱状節理のダイナミックな岩壁は層雲峡を象徴する景観だが、紅葉時期は赤や黄色の木々との対比を楽しめる。

<例年の紅葉の見頃>9月中旬~10月中旬 大雪山国立公園
TEL/01658-2-1811(層雲峡観光協会)
住所/北海道上川郡上川町 層雲峡
「大雪山国立公園」の詳細はこちら

4.恵庭渓谷

滝と紅葉のコントラストが美しい!歩いて楽しむ滝めぐり

恵庭渓谷 真っ白な扇を広げたような白扇の滝
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy