体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賢い人が絶対に言わない「9つのフレーズ」

生活・趣味
1501003_9-phrases2

言葉って難しい。こちらが心配して発した言葉でも、人によっては気分を害してしまう。褒めているのに侮辱していると思われることもある。しかも、厄介なのは、私たちが普段当たり前のように使っている言葉の中に、そうした“NGワード”が散りばめられていること。
きっと、あなたもこの記事を読めば、ドキッとするのでは?

01.
「疲れてるみたいだね」

shutterstock_284570321

疲れが溜まっている人は、元気がなさそうに見えるもの。目は沈み、髪は乱れ、何事にも集中できず不機嫌になっています。
そんな時は、「大丈夫?」と尋ねるべき。相手を気にかけるのであれば、見た目から体調を決めつけるのではなく、まずは質問して確かめましょう。きっと、相手の気分を害することもなくなるはずです。

02.
「すごく痩せたね」

相手に対してポジティブな言葉を使っているつもりでも、勘違いされる場合があります。「痩せたね」ということは、以前は太っていて魅力的ではなかったと受け止められてもおかしくありません。
その代わり「キレイだね」と言いましょう。過去と現在の見た目を比較するのではなく、“今の姿”を褒めるべき。

03.
「◯◯にあの人は
もったいないよ」

誰かが恋愛関係を断ち切った時、こう言ってはいませんか?この言葉は、最初の段階で“良くない判断”をしたことを暗に示しています。
その代わり「あの人はもったいないことをしたね!」と言ってみて。直接的な批判を避け、相手をサポートする熱意を伝えることができるはず。

04.
「いつも…」「絶対…」

shutterstock_232927570

常に何かをする、または決して何もしない人などいません。人は自分自身を単調だとは考えないため、相手を定義するべきではないのです。
その代わりに、あなたに何か問題をもたらす行動をされた時は、シンプルに指摘しましょう。たとえば、「…することが多いね」「ちょっと…する頻度が高いと思うけど」といった言い方です。

05.
「実際の年齢より
若く見えるね」

「実際の年齢より」と言うことで、相手は見下されていると感じてしまいます。その比較に興味はなく、ただ単にきちんとした見た目を保ちたいだけの可能性も。
限定的なことばを使わず、単純に「ステキですね」と言いましょう。簡単なことでしょう?

06.
「前にも言ったけど」

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会