ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若者のスマホ2台持ちが増加 音楽やゲーム専用機つくる傾向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スマートフォン利用率は今や62.3%に達し、20代に限ると94.1%にも達している(総務省調べ)。スマホの普及に伴い、回線契約もMVNOの格安SIMなど選択肢が増え、応じるように大手キャリアの契約プランの種類も増えた。それに伴って若者を中心にスマホ所有の形に変化が出てきており、最近ではスマホ2台持ちが増えている。彼らの使い方は、目的別でより効率的といえる。

■音楽プレイヤー×ネット
 いま使っているiPhone6が2台目のスマホだという高校生の愛子さんは、以前つかっていたiPhone5と2台を持ち歩いている。古いほうのスマホは回線の契約をしておらず、ネットにつなぎたいときはもっぱら自宅のwifiから利用している。

「iPhone6に機種変更してから、iPhone5は音楽プレイヤーとして使っています。機種変してすぐはiPhone6ひとつで音楽も聞いていたんですけど、やっぱり電池が減るのが早いから古いiPhoneを音楽専用スマホにしました。私より先に機種変した友だちがそうやって使っていて、真似しただけなんですけどね」

 なぜ、彼らは専用の音楽プレイヤーをなぜ使わないのか。節約のためだ。音楽プレイヤーを新規で購入するより、使い慣れていて操作もしやすい古いスマホを音楽専用機にすることを選んでいる。

 電車の中で女子高生がスマホを2台持ちしていると驚く大人が少なくないが、その使い方をよく見てほしい。おそらく、1台のスマホにはイヤホンやヘッドホンをつなげており、画面をタップして友だちとメッセージ交換しているのは、もっぱらもう1台に限られているはずだ。

■ゲーム専用×普通にネット

 大学生の雄一さんはスマホ2台をもつ予定はなかった。しかし、どうしても始めたいゲームのために、2台目のスマホをもつことにした。

「iPhoneを使っているんですけど、早く始めたいゲームアプリがAndroid先行配信だとわかったので格安スマホのAndroidを買いました。待てばiPhoneでも同じゲームができますが、先にゲームを始めた人たちが楽しそうに情報交換しているのを眺めるだけなんてできません。格安スマホの種類が増えたから、そんなにお金をかけずにゲーム専用スマホが持てました」

 Androidスマホには通信のみの格安SIMで契約し、iPhoneは通話のかけ放題プランのみの契約にした。iPhoneでネットを使いたいときはwifiが利用できる場所で使うか、Androidスマホのテザリング機能を経由している。iPhone1台だけのときより維持費が安くなった。

 ゲームのためにAndroidスマホを手に入れたという人は少なくない。人気タイトルのスマホゲームの場合、必ずiPhoneとAndroidの両方でリリースされると告知がある。しかし、噂通りアップルの審査が厳しいためか、Android版のほうが先行配信されることが少なくない。最近ではアイドル育成ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』のAndroid版が先に配信された。

 若者にスマホ2台持ちが増えている、とだけ聞くと、無駄遣いをしていると感じる人もいたかもしれない。しかし、彼らの使い方の実態は、実に堅実で合理的といえそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
リアルタイムで為替レートとニュース表示するスマホアプリ
スマホの魅力は「音楽がいっぱい聞ける点」と80才主婦が感想
【東京ゲームショウ2015美女図鑑1】肩と笑顔が眩しい3人娘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP