ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猪木追放事件に上田馬之助 「寛ちゃん、私は裏切ってない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストでの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、昭和46年末に起きた、日本プロレス協会からの猪木追放事件の発端についてお届けする。

 * * *
 昭和46年12月13日、日本プロレス協会は、渋谷区代官山の本社オフィスで記者会見を開き、アントニオ猪木の除名を発表した。

 報道陣の正面に座ったのは、平井義一・日本プロレス協会会長、芳の里・日本プロレス興業代表、大木金太郎・日本プロレス選手会会長代理の3者だった。

 当初、この日は日本プロレス選手会と日本プロレス興業の社員一同による親睦ゴルフ大会が行なわれる予定だったが、年度の打ち上げを兼ねた恒例の行事は中止となり、その代わりに緊急記者会見が開かれた。この会見の模様を当時の専門誌(『プロレス&ボクシング別冊』1972年2月号=ベースボール・マガジン社)の記事から引用する。

〈全員がゴルフ場に出向いて楽しくやっているスキに、猪木が会社の定款書換えから役員・重役・平社員・一部選手の追放まで一気にやってしまおうとした“乗っ取り”──(中略)。〉

〈猪木派は、選手の間に人望ある者の抱き込みにかかった。

 それは、三年間もアメリカにいて事情にうとかった上田馬之助であり、そして最大のキー・マン(原文のまま)、ジャイアント馬場であった(中略)。

 二人を説き伏せる理由……それは、いま日本プロレス内部で目下の急務とされている“機構改革”(中略)。

 この点では両手を挙げて賛成したジャイアント馬場と上田馬之助も、裏にかくされた真意を見抜くに時間はかからなかった。〉

 翌12月14日、猪木側も、この事件の黒幕とされる木村昭政・後援会会長とともに都内で記者会見を開き、反論の“声明”を発表した。

「私が会社乗っ取りを計画したことになっていますが、決して会社乗っ取りなど策したことはありません」

「会社の公金が他に流用されているといううわさがありました。このため、馬場選手らと相談、会社の経理を公開してもらおうと申し入れました。一度はこれが聞き入れられ、調査を始めましたが、途中から中止されました」

「商法違反、私文書偽造、名誉棄損、それに業務上横領の疑いもあるので、法廷に持ち込んで、公正なる第三者の審判をあおいで、決着をつけたいと思います」

 当時のいきさつについて、馬場は自著『たまにはオレもエンターテイナー』(かんき出版=昭和58年刊)のなかでこう語っている。

 日本プロレス史における大きなミステリーといわれる事件から、10年以上の歳月を経ての述懐だった。

「あの事件の発端となったのは、猪木についていた木村(昭政・後援会会長)という男が、日プロの改革案をつくったことにあったんです」

「日プロの幹部の経営方針には、レスラーたちはみんな不満をもっていましたから、オレも、その話を聞いたときは賛成しました」

「しかし、後で聞いてみると、その改革案というのは完全なクーデター案で、芳の里、遠藤幸吉、吉村道明の三幹部をボイコットし、猪木と木村が日プロの実権を握ろうということだったらしいんですね。そのためには、まず馬場を抱きこまなきゃできない。抱きこんでおいて、成功したら、その後に馬場も蹴っ飛ばしてしまえ、というプランだったんですよ」

「上田馬之助をつかまえて『おい、ほんとうのことを話せよ』といったら、上田が全部しゃべったんです」

「これはたいへんだということで(中略)、木村に渡してあった代行の委任状を取り上げたんです」

 上田もまた、遺作となった自伝『金狼の遺言』(辰巳出版=平成24年刊)に「墓場まで持っていけない話」としてこう綴っている。

「馬場さんがあまり他人を信用する人ではなかったのは事実であり、猪木さんを最後まで信用しきれなかったのかもしれない」

「馬場さんはもうこの世にいないから、それこそ墓場まで秘密を持っていったことになる」

「猪木さんは、私を睨みつけるようにして席を立った」

「猪木さんだけには、ぜひあの時の真実を知ってもらいたい。私の望みは、ただそれだけだ。寛ちゃん、私は裏切り者ではありません」

 事件から40年以上が経過しても、それは上田にとっては「墓場まで持っていけない話」だったのである。

■斎藤文彦(さいとう・ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ――とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP