ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川島なお美さん 夫への「できれば再婚しないで」遺言が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さん(享年54)が、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(49才)に遺した言葉が話題だ。それは、「一緒のお墓に入りたいからできれば再婚はしないでね」というメッセージだった。

 一般には、夫より自分が先に旅立つ場合、「再婚して幸せになってほしい」と伝える妻が少なくないなか、この遺言の内容には賛否両論が巻き起こった。

「本当に愛している相手に死を覚悟して書いた遺言ならば、むしろ 『再婚してもいいから、どうか幸せになってね』と伝えることが無償の愛ではないですか…? 鎧塚さんはまだ若いし、男性は炊事、洗濯などの自活力が乏しい人がまだ多いのに…」(50才・女性)

「旦那を愛していたというより、自分を愛していたんだと思いました。ある意味、最期まで『川島なお美』でしたね」(54才・女性)

 と反対の声があがるなか、称賛の声も。

「『できれば』っていうところに愛が感じられる」(40才・女性)

「鎧塚さんのこと、本当に好きだったんだな。かわいい言葉」(38才・女性)

 川島さんといえば恋多き女として知られているが、40代後半まで独身を通し、周囲からは「もう結婚はしないだろう」と思われていたところ、パティシエの鎧塚氏と出会った。川島さんが堂々と「3Dなし」(妥協・打算・惰性なし)と話すほどだから、彼はよっぽど理想的な男性だったのだろう。

 亡くなった後、鎧塚氏は妻のあるメールを見て泣き崩れた。宣告された余命はとっくに過ぎ、体重もわずか30kgほど。食べ物も飲み物も受けつけなくなった病床で彼女は、10月16日にやってくる夫の50才の誕生日パーティーを内緒で企画していたのだ。偽の雑誌取材企画まで作って。

《Toshiにはサプライズだから絶対内緒にしてね》

 川島さんは亡くなる前日まで、友人たちにそんなメールをしていた。

「一緒にお墓に入りたいからできれば再婚しないでね」

 彼女は最期まで愛に生き、そして、死してもなお夫を愛したいのだ。

※女性セブン2015年10月15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ
川島なお美と夫・鎧塚英彦氏 シャンパングラス手に見つめ合う
夫・鎧塚俊彦氏の失明危機に川島なお美、手料理でサポート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP