ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福山雅治も実践の1日1食 「リバウンド体質の元」と栄養士

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今“1日1食スタイル”が流行っている。福山雅治やビートたけし、タモリ、水谷豊ら芸能人、オバマ大統領やビル・ゲイツ、スポーツ界でも小野伸二や辰吉丈一郎、有名企業経営者も実践していることで注目を集めている。

 1日1食が支持される理由は、疲れにくい、若返り、メタボ解消、頭が冴え集中力も上がるなどさまざまなメリットがあるためだといわれるが、本当に脳や体にいいのだろうか。著書に「老けない人は何を食べているのか」(青春出版社)などがある管理栄養士で抗加齢指導士の森由香子さんはこう語る。

「栄養士としてはお勧めしません。ナッツやヨーグルト、野菜ジュースなどある程度のエネルギー補給があるならまだしも、1回の食事以外一切食べないのは危険です」

 その理由は、主に以下のような危険があるためだ。

・必要な栄養素が満たされないため、体の免疫力が下がり、病気への抵抗力も弱まる
・エネルギー不足で疲れやすく、やる気が出なくなる
・体が冷えやすくなる
・カルシウム不足による骨粗鬆症のリスク
・鉄不足で貧血や立ちくらみが起きる

「たんぱく質不足で爪が欠けたり抜け毛が増えたり、老けるのも早くなるのではないでしょうか。たとえ痩せてきれいに見えたとしても、将来的に体が心配です。実は骨が弱っていたり、動脈など見えないところに問題が隠れている場合も。食間が長いと血糖値が上がりやすいので糖尿病になる可能性もゼロではないです。内臓脂肪も溜まりやすくなり隠れメタボになっている可能性も。食事量が少ないため便秘にもなりやすいですね。

 医師の管理のもとで行うダイエットなど、それぞれの体の健康状態や体重の状態によっては1食でいい場合も中にはあるとは思います。食べ過ぎたときなど、調整として1食にして、消化のよい食事で済ませるのは胃腸を休めることができていいと思いますが、日常的には勧められません」(森さん、以下「」内同)

 断食には、アルツハイマー予防、うつ改善、免疫力と自然治癒力の向上によるがん細胞の抑制などの利点が研究で明らかになっているが、もちろんいい面ばかりでもない。

「確かに、脳内で糖分が足りずエネルギー不足になると、体は脂肪を分解してケトン体という代替エネルギーを利用し、それが脳細胞を保護するためアルツハイマーの予防になる、頭が冴えるなどと言われています。

 がん細胞もブドウ糖を餌にして育つと言われていますから糖の摂取を減らす意味ではいいかもしれませんが、逆に1食では体を作るアミノ酸なども足りなくなります。食べ物でしか摂れない必須アミノ酸が9種類ありますが、1食でまとめて食べても吸収される量には限界があって、排出されてしまうのです」

 最近では、西川貴教が現在、1日1食と3つのジム通いで体脂肪9%の完璧な肉体作りに励んでいると9月29日放送のバラエティ番組で明かしている。西川のように1日1食をダイエットに活用している人は少なくない。1日の摂取カロリーは減るため、ダイエット効果は表れるようだが、実際にはリバウンド体質を作っていると森さんはいう。

「1日に必要なカロリーを1600Kcalとして1食で1日1000Kcal程度とすれば痩せてはいきますが、エネルギー不足と栄養素不足で、次第に基礎代謝は下がっていきます。つまり、燃費はよくなりますが、逆にたくさん食べてはいけない体に変わってしまうのです。基礎代謝は落ちている分、太りやすい体になってしまいますから、以前の食事量には戻れなくなります」

 栄養が足りないと、基礎代謝や活動代謝によって筋肉が減ってしまうため、西川のように筋トレは必要となってくる。ただし、栄養を何も補給せずに筋トレを行えば、体は筋肉を分解してアミノ酸を作りエネルギーにするため、やはり栄養補給は必須となる。

「筋肉だけでなく、アミノ酸をエネルギーにしている肝臓もエネルギー不足で機能が弱まってしまいます。化学工場といわれる肝臓は、薬や添加物の解毒や栄養素の貯蔵、酵素もホルモンも作っているので、肝機能が衰えたら体全体に歪みが生じることになります」

 1日に必要な栄養素を1食で摂取する場合、たんぱく質源食品なら肉50~100g、魚80g(一切れ)、卵1個、納豆1パックなど大豆製品、ほかに野菜350g、穀類、イモ類、フルーツ、乳製品などを1食で全て食べなくてはならなくなる。

「実際、厚生労働省による食事摂取基準の1日に摂るべき栄養素を1食で満たすことは難しいです。3食の人でも、鉄不足で貧血になったり、カルシウム不足、ビタミン不足の人はたくさんいますから。たとえば水溶性のビタミンCは、1食ずつ摂らないと必要量が補給できません。糖質制限で3食の方がまだ健康的だと思いますが、1日1食をやりたいならサプリメントで補わないと。

 胃腸の働きが衰える夜は避けて昼に食事を摂り、朝はフルーツ、晩でビタミンとミネラル補給のためのサプリと牛乳を飲むといいでしょう。ただし、長期に行うのはお勧めしません。1日1食がいいというエビデンスはありませんし、将来にわたる健康維持には問題があるのではないかと考えます」

 空腹時に働くといわれる長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子も、1日1回の長い空腹よりも少ない食事量で3回空腹を感じさせる方が、その都度活性化される。消化にもエネルギーを消費するため、1回よりは3回食べる方がエネルギー消費は増えるので、結局は3食の方が効率はいいという。

 唯一無二の食事療法はない。46才になっても若々しい福山がやっているからと真似しても、自分に適しているかはわからない。興味を持って試してみるのはいいが、合わなかったら潔くやめる方が体にはよさそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
原発の真の危険性は? 日本のエネルギー政策について考察した本
実は逆効果か 糖質制限、単品だけ食べダイエットの落とし穴
「人は何も食べなくても40日間生きられる」と南雲吉則医師

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP