ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見慣れた景色が光の世界に!あのフォトテクニックを使った写真が美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まるで光が生きているよう…!

通常より長い時間カメラのシャッターを開けて多くの光を集める「長時間露光」というテクニックを使った作品だ。

撮影したのはブラジル人の写真家、 Vitor Schietti氏。

コマーシャルの分野でも活躍する彼は、様々な経験を通じて鍛えられた感性を活かし、通常ではとらえられない小さな動きや、光の軌跡などを形にすることで幻想的な写真を生み出した。

彼が被写体にするのは、ごくありふれた街路樹。

光や風、そして水などを使うことで街の中に当たり前にある木々を花火のように美しい写真に変えてしまう。

Schietti氏の写真は、本当に美しいものは身の回りにあふれているということを教えてくれる。

Vitor Schietti
http://schiettifotografia.com/en/

写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP