ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道・余市で秋の旬グルメを食べつくす♪1日満喫モデルコース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

札幌から約1時間半、小樽から約30分で行ける余市町は、フルーツや海の幸、山の幸に恵まれた自然豊かな町です。

今時期の余市町は、ぶどうやりんごなどの果物狩りや前浜産の魚介が山盛りの海鮮丼、秋ラズベリーを使ったスイーツなど秋を感じさせる旬のグルメが目白押し!

食べて、食べて、地元で人気の温泉に入った後はまた食べて…さぁ、どれだけ食べられるか?!余市の秋を1日で思う存分満喫するグルメドライブに出かけましょう!

おすすめドライブコース

山本観光果樹園
↓車で10分
ファミリーすしガーデンハウス
↓車で5分
鶴亀温泉
↓車で5分
フルーツプラネット

山本観光果樹園

余市の秋の味覚・フルーツをもぎたてで味わう

いろいろな種類を食べ比べたり、甘いフルーツの見分け方を聞けるのもフルーツ狩りの醍醐味

もうひとつの必食グルメ「アップルパイ」1個290円。ゴロッと入ったリンゴの酸味と甘みがたまらない!

春から秋にかけて様々なフルーツ狩り体験ができる観光果樹園。秋になると9月のプルーンに始まり、10月にかけてぶどう、梨、りんごが旬を迎える。また、フルーツ狩り体験の大人同伴の未就学児は入園無料なのも家族連れにうれしいポイント。

収穫時期は天候などにより実施状況が変動するため、出発前に電話で確認するのがベター。もしフルーツ狩り体験ができない日でも、無添加100%のりんごジュースや自家農園産のりんごをたっぷり使ったアップルパイなど、わざわざ立ち寄る価値アリ! 山本観光果樹園
TEL/0135-23-6251
住所/北海道余市郡余市町登町1102-5
営業時間/9:00〜17:00
料金/食べ放題コース 大人 1100円、小学生 880円
「山本観光果樹園」の詳細はこちら

ファミリーすしガーデンハウス

余市産の海の幸をこれでもか!と盛り付けたまかない丼

「まかないちらし」はたっぷりの酢飯の上に、前浜産の魚介がてんこ盛り!

寿司や創作料理など前浜産食材を味わえるが、中でも「まかないちらし」はコストパフォーマンス抜群!マグロ、エビ、ホタテからフカヒレなど、その日ある食材の中から約14種類が楽しめる一品。

どんなネタが入るかはお楽しみに♪余市市街の中心部に位置するものの、大きな通りから一本中に入る穴場のお店。 ファミリーすしガーデンハウス
TEL/0135-23-8000
住所/北海道余市郡余市町黒川町12丁目65
営業時間/11:00~21:00(LO20:30)
定休日/水曜
料金/まかないちらし1800円

鶴亀温泉

こってりした赤さび色のお湯をかけ流す

内湯はガラス張りで開放感たっぷり

黄色く濁った弾力のあるお湯が特徴的で、浴槽に注いだ温泉は一切再利用せずにかけ流しており、近隣から訪れるリピーターも多い。別名「熱の湯」ともいわれる塩化物泉で、よく温まり、湯上りもポカポカするはず。露天と内湯は高温・低温2つの浴槽を用意しているのも嬉しい。 鶴亀温泉(つるかめおんせん)
TEL/0135-22-1126
住所/北海道余市郡余市町栄町22-1
営業時間/日帰り入浴10:00~22:00
定休日/第3月曜(祝日の場合は翌日)
料金/日帰り入浴大人600円
「鶴亀温泉」の詳細はこちら

フルーツプラネット

余市産フルーツをおいしく、楽しく♪

ラズベリークレープには生ラズベリーをトッピング♪ 自社農園のブルーベリー、ラズベリーを使ったタルト

自社農園産のフルーツをたっぷり使った生クレープやスムージーがオープン以来人気のお店。秋のイチオシ「ラズベリー」は夏よりも粒が大きく、深い味わいなのが特徴。また、地元・余市産のフルーツを使ったシュークリームやロールケーキ、タルトが新登場。イートインスペースもあるのでドライブ途中の一休みにもぴったり! フルーツプラネット
TEL/0135-48-5500
住所/北海道余市郡余市町大川町8-31
営業時間/平日11:00~19:00、土日祝10:00~19:00
料金/クレープ480円~、ラズベリーロールケーキ カット340円・ホール1600円、シュークリーム 各280円
「フルーツプラネット」の詳細はこちら
※この記事は2015年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

しっぽり夜散歩♪デートにも使える・秋の灯りイベント9選【九州】
ぶどう狩りだけじゃない!山梨県でぶどう&秋の味覚を楽しむスポット3選
ご当地グルメを堪能しよう!この秋おすすめの九州イベント10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP