ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

もっと誠意を見せる “華麗なる土下座たち”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
華麗なる土下座たち

いつからだろう、土下座に誠意を感じなくなったのは……? ひざまずいて拝むという行為は東アジアでは共通の最高敬意の表現方法であると言われているが、昨今ではあまりにお手軽に土下座が行われているせいで、その意味が薄れてしまい陳腐化しているのではないだろうか?

しかし、陳腐化したものに新たな意味を付与してリサイクルするのは日本人の得意技のひとつ。例えば、テレビドラマなどで見かける「土下座から靴をなめさせる」といった描写は、まさしく土下座の上位互換ともいえるもの。実は、様々な表現者たちによって土下座はより“崇高なもの”へと変化させていたのだ。それではここで、日本の先人達による”華麗なる土下座たち”を紹介してみよう。

ジャンピング土下座【じゃんぴんぐ-ど-げざ】
カプコンの人気ゲームシリーズ『ロックマン』シリーズにおいて、ロックマンに倒されたDr.ワイリーが、ジャンプ状態から土下座へのスムーズな移行を見せたことに由来する。“ジャンピング土下座”は、世間が土下座の価値を低く見ていることに対するDr.ワイリーの見解の極地である。

Dr.ワイリーは科学者だけではなく優秀な社会学者としての一面も持っていたとも言えるだろう。ロックマン打倒に集中していたはずのDr.ワイリーの頭脳は、同時にロックマンに打倒された場合の保険さえも研究対象としていたようだ。土下座ではダメでも“ジャンピング土下座”なら――数多くのユーザー達がその真摯な姿勢に心打たれたに違いない。

スパイラル土下座【すぱいらる-ど-げざ】
ジャンピング土下座の進化系とも言えるのが、中日ドラゴンズのマスコットキャラクター『ドアラ』が見せる“スパイラル土下座”だ。彼のパフォーマンスは球界屈指の豪快さとユーモアを備えており、ラミレスがホームラン後に芸人のマネをするのと同じくらい時代を捉え、荒木・井端の二遊間並みの華麗さを持つ。“スパイラル土下座”はバク転から空中でひねりを入れて着地時に土下座をするという離れ技。いたずらばかりしているドアラを許してしまうのは、この『スパイラル土下座』のひた向きな誠意に由来するのかもしれない。これを見たい人は球場へ足を運ぶか、下記URLの動画をチェックしてほしい。

・ニコニコ動画「20070623 ドアラ バク転 天才的な失敗」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm505192

土下寝【ど-げね】
ジャンピング土下座が土下座の“比較級”であるとするなら、土下寝は“最上級”。文字通り、うつ伏せになって相手に謝意を示すものであり、正座の状態と比較して地面への距離、接地面積ともに格段に誠意が増す。うつ伏せよりも人体を低く配置することは適わないからだ。自らの存在を最低まで貶める行為が、土下寝であるのかもしれない。

発祥は、格闘マンガ『グラップラー刃牙』(作・板垣恵介)に登場するシコルスキーという人物だとされているが、それを世間に知らしめたのはレイザーラモンHG氏とアニメ作品『とらドラ!』(原作・竹宮ゆゆこ)であろう。前者はネタとして、後者は最上級の謝意の提示として行われた。類義語に「寝下座」という言葉もあり、同等の価値を備えるものとしてみなされている。

焼き土下座【やき-ど-げざ】
読者のなかには、この言葉の登場を心待ちにしていた人もいるに違いない。マンガ『賭博黙示録カイジ』(作・福本伸行)において、兵藤和尊が部下などの責任を追及する際に、「焼けた鉄板の上で10秒以上、手と足と額を鉄板に付けて土下座を行わせる」 というのが「焼き土下座」 である。「誠意の見せ方があるじゃろ」という兵藤の常軌を逸した思考は、我々が土下座に対する観念をみにくく育て上げた結果が具現化されているのかもしれない。

作中では、主人公・カイジにカード勝負で負けた兵藤の部下・利根川幸雄は、「自力で10秒以上達成した者はいない」という焼き土下座を12秒やりおおせ、命をも投げ出す勢いで自分の地位を守ったのだ。この胆力のすさまじさは、多くの読者の記憶に焼き付いているであろう。

***

さて、今回紹介したさまざまな土下座から、“最高・最上級”の土下座を考案するなら、「スパイラル焼き寝下座」という行為になるのではないだろうか。今後、可及的速やかに最大の謝意を述べなくてはならなくなったら、まず鉄板を熱する所から始める時代がやってくるかもしれない。その日のためにバク転くらいは練習しておくとよいだろう。

※この記事はガジェ通一芸記者の「まつげ」さんが執筆しました。

●まつげ:フリーライター。私は○○が出来ます!と主張しても私の場合嘘っぽくなるので上の文章読んで下さい。
 

■関連記事
【レポート】全メニュー完全制覇! 『みよしB級グルメフェスタ』に行ってきたよ
高円寺の路上フリマに行ってみた
便秘女子必見!? とある場所で女子会をひらいてみた
Yahoo! JAPANで不正ログインが多数報告される 至急ご確認を!
くしゃみをコントロールするには?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。