体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ツイッターの本音 ~ギリギリ女子~

0918_04_01 『ギリギリ女子』は、可愛いか可愛くないか、ギリギリのラインにいる女子のこと。それだけ聞くとネガティブなイメージだが、「パーフェクトな女子と違って奥行きや可能性が感じられる」とか、「接する側もかっこつけなくていいので楽」などの理由で、実は結構モテるのだとか。この「ギリギリ女子」という言葉、巷ではどのように受け止められているか調査してみた。 ホンネスト

なんか失礼じゃないか?

ごもっともな意見。ギリギリなところに魅力を感じたとしても、そう言われて本人が喜ぶかどうかは、はなはだ疑問である。

ごめんねギリギリ女子なわたしで…

男性が勝手に「ギリギリ女子」を良い方向に解釈しているのであって、女子の側からすれば、やはり少しでも可愛くなりたいというのが本音だろう。

良さを分かっているのは自分だ

ギリギリだとかどうだとか、あまり考え過ぎない方がいいのかも知れない。そもそも「ギリギリ女子」は狙ってなるものではない。自分らしくいるのが一番である。

ギリギリ女子的な思考持ち合わせてた?笑あぶねあぶね笑

胃が苦しいー!けど楽しかった!女子会~~♪ 女子トークも大事!(笑)私もギリギリ女子だった← あと残り少ないから思い出残そう(´;ω;`)せつな

aikoのおかげでギリギリ女子力保ってる私のiTune

「可愛いか可愛くないかギリギリの女子」という意味でなく、「ギリギリで女子的な○○」のような文脈で使われていることが多かった。どんな思考・行動・装いが「ギリギリで女子的」だとみんなが思うか、そこを突き詰めていくと「女子とは何か」を考えるヒントとなりそうだ。

 

「ギリギリ女子」がモテるということは、男性に「独占したい」とか「俺色に染めたい」という心理があるということ。それをよしとするかどうかは、やはり人それぞれといったところだろう。

ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。