ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血管の位置が皮膚にうつる!注射の失敗をゼロにする「VeinViewer」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロになるかもしれません。

注射の成功率100%!
静脈の位置がわかる
「VeinViewer」

注射を早くそして的確に打てるようにするため、米クリスティ・メディカル・ホールディングス社が開発した医療機器、VeinViewer。
この機器が深さ10mmまでの静脈を検知して、皮膚上に投影してくれます。

体にとって無害な近赤外線を皮膚にあてることで、静脈以外が緑色に、静脈の位置が黒色に投影されます。

こちらは反転モード。緑色に投影されているのが静脈です。人によって見やすいタイプの方を使用可能です。

よりスムーズで
患者の負担が少ない
治療を目指して

クリスティ・メディカル・ホールディングスはVeinViewerの効果を次のように紹介します。

「注射の成功確率が100%になったことで、不要な中心静脈カテーテルが30%減少し、患者の満足度も倍になりました」

現在では、世界40ヵ国以上で使用されているVeinViewer。これからますます広がっていくことを期待したいですね。

Licensed material used with permission by Christie Medical Holdings

関連記事リンク(外部サイト)

生徒の出席率が40%⇒93%に!ある先生が思いついた「斬新なアイデア」とは?
農薬の代わりに「花」を植えたほうがいい理由とは?
賞金を賭けて、美女が腰振りダンス「Twerk」で過激な対決

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP