ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白鵬の父親にもライバル心? 高須院長が明かす朝青龍の素顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、モンゴル訪問の話をうかがいました。

 * * *
──7月にモンゴルを訪問されたんですよね。

高須:「ナーダム」っていうお祭りがあってね。朝青龍に呼ばれて行ってきたんだよ。

──どんな祭りなんですか?

高須:弓と競馬とモンゴル相撲の3つの競技を行う国民行事だね。国が主催して7月11日から3日間やるんだよ。この競馬がすごい。1回のレースで250頭から300頭の馬が平原を25kmから30kmくらい走るんだよ。本当に壮観でね。

── 一般的な競馬とは全然違いますね。

高須:遠くから見ていると、地平線の向こう側に砂煙が上がってるわけだ。それでドドドドドーって地響きとともに馬の群れが走ってくる。まさに、チンギス・ハーンの世界だね。

──すごいですね。スケールが大きすぎますよ。

高須:でも、馬に乗ってるのは子供たちなんだよ。たしか、「5才の部」「6才の部」みたいな感じで分かれてるんだけど、みんなよく馬に乗れるなあっていうレベルの子供たちだった。でも、はっきり言って数が多すぎてよくわかんない(笑い)。ゴール直前にならないと本当にただ馬群が動いているだけだからね。

 で、テレビでそのレースを朝青龍と見ていたんだけど、朝青龍の持ち馬が本命を抜き去って優勝したんだよ。そしたら、朝青龍、大感動して泣いちゃってね。やっぱり国民行事だけあって、モンゴル国民にとってはすごく重要なことなんだよ。子供の競馬なんていうレベルではないんだね。でも、レースは次の日にもあって、朝青龍がすごくしょんぼりしてるもんだから、「どうしたの?」って聞いたら、「負けた」って(笑い)。かわいいヤツだよ。

──院長も馬主になったとか?

高須:モンゴルの友人が遊牧民のところに連れてってくれたんだよ。そしたらすごく喜んでくれて、馬をくれるってことになった。で、ナーダムの事前予想で250頭くらいの中で50位に入った仔馬をくれたんだよ。それで僕がオーナーになって「Yes!タカス号」っていう名前をつけて、モンゴルにそのまま預けてるよ。来年のナーダムでは優勝してほしいなあ。

──モンゴル相撲はいかがでしたか?

高須:地方ごとのチャンピオンが出てきて、モンゴルでいちばん強い男を決めるんだよ。ある程度、実績なんかで強さのランクってものがあるんだけど、強い力士が好きな相手を指名して、試合をするの。つまり、弱いヤツから指名されて、どんどん敗退していくってことだね。正直、最初のほうは弱い者いじめみたいなもんで、あんまり面白くない。

──勝敗もわかりきっていますしね。

高須:でも、後半のほうになると今度は全然勝負がつかなくなるくらいに壮絶な試合になるんだよ。草原全部が土俵みたいな感じだし、膝をついたり仰向けになったりしたら負けだけど、手はついていいし、技も多彩ですごく面白かったね。

──すごそうですね。モンゴル相撲も朝青龍といっしょに見ていたんですか?

高須:そうそう。テレビ中継だと過去の名試合なんかも流してるんだよ。で、白鵬のお父さんと朝青龍のお父さんの取り組みが、たまたま流れてね。

 白鵬の父親ってのがモンゴル相撲の英雄でものすごく強いチャンピオンだった。朝青龍のお父さんも力士だったんだけど、白鵬の父親よりはちょっと弱かった。それで、テレビでたまたま流れた2人の取り組みが、朝青龍の父親が勝った取り組みだったんだよ。そしてら朝青龍が興奮しちゃってね。「この上に乗ってるのがオレのオヤジで、下が白鵬のオヤジだぞ!」なんて、本当に喜んでいたよ(笑い)。

──かなり素直というか、無邪気ですね

高須:まあ、父親同士でも負けるのはイヤなんだよ。でも、朝青龍と白鵬を比べたら、モンゴルでは断然、朝青龍のほうが人気者だけどね。白鵬が日本の相撲界で大記録を立てたと言っても、まだまだモンゴルでは朝青龍のほうが格上なんだよ。

 いまもしも白鵬が引退してモンゴルに帰っても、朝青龍がいるから居心地が悪そうだよね。だから、白鵬が日本で親方になりたがっているのは、そういう理由があるのかも。

──なるほど。モンゴルではやっぱり朝青龍のほうがスターなんですね。

高須:そうだね、とにかくモンゴルでは人気があるよ。日本人に聞いたアンケートで、カムバックしてほしいスポーツ選手の2位くらいに朝青龍が入ってたんだけど、その結果を見せて「日本に帰る気はある?」っ聞いたんだよ。そしたら、すごく嬉しそうな顔をしていたけど、「もう今さら日本に帰る気はない」って。残念だけどね。まあ、朝青龍はモンゴルで活躍して、白鵬は日本で活躍するっていうのがいい形なんじゃないのかな?

 * * *
 九月場所を途中休場し、今後の動向が注目される白鵬と朝青龍とを比較した高須院長。たしかに、朝青龍が幅を利かせているモンゴルを白鵬が避ける気持ちもわからないでもない?

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」
朝青龍「どんどん角界に関わっていく」発言に協会震え上がる
八百長引退モンゴル力士を猪木獲得 マット界にも蒙古旋風か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP