ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松屋カレギュウ キーワードは「スパイシーさと安さ」の追求

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『松屋フーズ』は国内に約1000店舗を展開する牛丼チェーンでありながら、カレーも年間2000万食を売り上げる主力商品となっている。同社を象徴するメニューが1997年に生まれた『カレギュウ』だ。カレーと牛メシをドッキングさせた画期的なこの一品は、創業者である瓦葺利夫会長の発案によって生まれたものだった。

「弊社の美味しい『牛めし』と、美味しいカレーを同時に味わってほしいという思いからのアイデアでした。おかげさまで年間500万食売れる人気商品となっています」(商品開発部・久岡利至氏)

 発売当初、カレギュウの値段は580円だった。現在は業界の熾烈な価格競争もあって490円となっている。20~30代の男性からは「『カレギュウ』に青春時代を支えられた」という声が数多く聞かれた。

「金のない大学生時代、牛肉がたっぷりのったカレーをワンコインで食えることが本当に幸せだった。バイトの帰りに『カレギュウ』を食うのが、一番ささやかな贅沢だった。今でも食べるたびに懐かしい気持ちになりますね」(30代会社員)

『松屋』でカレーを売り出したのは1980年。以来、35年かけてカレーソースを極めてきた。キーワードは「スパイシーさと安さの追求」。価格を抑えるために具材を極力減らし、カレーソースそのものの質で勝負する。昨年6月、『オリジナルカレー』の価格を370円から330円に値下げした際には、スパイスの配合を増やし、より辛さを強調した本格派のソースにした。

「ほぼ毎日、本社の3階でカレーの試食を行なっています。弊社のカレーの売りはあくまでスパイシーさ。極端なことをいえば、1階までスパイスの香りが届かないとダメだと考えています」(久岡氏)

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ルーは摂氏1℃、ライスは3℃ 築地の絶品冷やしカレー
「スパイの世界に美男美女はほとんどいない」とスパイ事情通
芸人たちの人生を連作形式で描く青春小説『南部芸能事務所』

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。