体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お台場でビール祭り!お台場オクトーバーフェストが10月2日から開催!

お台場でビール祭り!オクトーバーフェスト10月2日から開催【お台場】

日々涼しくなっていくなか、全国各地で開催されてきた屋外でのビールイベントもいよいよ終盤戦を迎えようとしています。今回は、老若男女すべての方がそれぞれの楽しみ方で参加できる「お台場オクトーバーフェスト」をご紹介します。

飲んで、しゃべって、歌って、踊って、オクトーバーフェストの醍醐味は、人それぞれです。明るく陽気に、皆さんなりの楽しみ方をぜひともご堪能ください。

そもそも「オクトーバーフェスト」って何?

なんと、はじまりは結婚式だった!

お台場でビール祭り!オクトーバーフェスト
ミュンヘンのオクトーバーフェストでは、巨大なテントでたいへんな盛り上がりを見せます。

ひとことで言ってしまうと、ドイツのミュンヘンで毎年行われているビールのお祭りです。2014年には、16日間の開催期間で約640万人が訪れ、700万リットルのビールが消費されたと発表されています。

とは言いましても、そもそもは1810年に行われた当時のバイエルン王国王太子の結婚式がその始まりです。当初はビールはあまり関係なく、競馬やスポーツ大会がメインだったようです。その後、戦争や疫病などによって開催されない年もありましたが、19世紀後半よりビールイベントとしての色合いが強くなり、現在の形へと発展してきました。

現在でも、オクトーバーフェストの見どころのひとつとして、初日には結婚式を模したパレードがミュンヘン市内を会場まで練り歩き、その開催を華麗に演出します。

会場は東京ドーム9個分もある広い敷地で、地元ミュンヘンの6大醸造所はそこに1万人前後を収容できる巨大なテントを14個も設置・運営。もちろんその他にも多くの屋台が立ち並び、移動遊園地まで楽しめてしまいます。

「お台場オクトーバーフェスト」ここがポイント

昼と夜は違う顔!特に夜のテント内ステージは必見!

お台場でビール祭り!オクトーバーフェスト1
晴れ渡った青空の下で美味しいビールを飲む時間はまさに至福。

「お台場オクトーバーフェスト」は、昼と夜、それぞれでまったく違う表情を魅せてくれることが大きなポイントです。

昼は言うまでもなく、広々とした大空の下で開放的な気分でビールを飲む時間が何物にも代えがたい安らぎを与えてくれます。また家族連れも多く、お酒が飲めない方や、苦手な方でもドイツ料理、仲間との会話を楽しみながら、穏やかな時間を過ごせます。

しかし、最も注目すべきは夜のテント内かもしれません。ドイツ楽団の演奏と共に、来場者も活気づき、テント内全体で歌って踊ってと、大盛り上がりのステージが繰り広げられます。気が付けば、見ず知らずの人とも仲良く飲んでいる、ということも。
その時々の気分に応じて、お台場オクトーバーフェストの色々な表情をお楽しみください。

そして、オクトーバーフェストを楽しむために最も重要なポイントをひとつ。席に着くとき、飲み始めるとき、隣りにいる人に笑顔で「プロースト!(Prost=乾杯)」と声をかけましょう。

もちろん、声をかけられたら笑顔で「プロースト!」と応えましょう。ほんの些細なことです。ぜひ実践し、皆で笑顔を増やしていきましょう。

さぁ!ビールを飲もう!乾杯だ!

種類が豊富!違いを味わい、好みを探そう!

お台場でビール祭り!オクトーバーフェスト2
それぞれのブースごとに、色々なドイツビールが売られていますので、眺めて回るだけでもドキドキしてきます。

「ビールの種類が多すぎて何が何だかわからない」。オクトーバーフェストに限らず、ビールイベントに参加された方からよく聞く声です。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy