ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本初上陸! オーストリア発の王家御用達ベーカリー「マーチエキュート神田万世橋」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:naruse_e:20150924211816j:plain

学生時代からはや10年以上御茶ノ水に通い続け、おいしいと評判のお店をグルメサイト片手に食べ歩くことをライフワークとしているワタクシ。「蕎麦」の某名店をはじめ、沢山の老舗がひしめくこの界隈。そんな中、400年以上という「超弩級」の歴史を誇る老舗ベーカリーが、2015年9月5日(土)に東京・神田にある「マーチエキュート神田万世橋」に海外初出店するとの情報をキャッチ! 新しいお店と老舗の看板に弱いワタクシは早速現場に潜入することに……。

 

f:id:naruse_e:20150924211834j:plain
外観の様子

 

そもそも「ホーフベッカライ エーデッガー・タックス」ってどんなお店?

f:id:naruse_e:20150924212042j:plain

街自体が世界遺産にもなっているオーストリアの古都グラーツで、最古のベーカリーと呼ばれている「エーデッガー・タックス」。公式な記録では1569年創業ですが、実は14世紀には営業していたとも言われており、その気の遠くなるような長い歴史は驚きです! 「ホーフ(王の)・ベッカライ(ベーカリー)」の名の通り、1888年には「オーストリア-ハンガリー帝国御用達」の称号を授与されています。店名と一緒に描かれているのはハプスブルク家の象徴「双頭の鷲」。このエンブレムを掲げることができるのは、王家御用達のお店だけなのです。

 

そんな老舗ベーカリーの海外初出店のパートナー・野澤シェフとは?

f:id:naruse_e:20150924212052j:plain

王家御用達という栄誉に誇りを持ちながらも、それに甘んじることを良しとせず、海外進出の夢を抱いていた9代目のロベルト・エーデッガー氏。2012年に初めて日本を訪れた際、ウィーン菓子店「Neues(ノイエス)」の野澤孝彦シェフと出逢います。オーストリアやドイツの名店で修業を重ねた野澤氏と「オーストリアの食文化を一過性のトレンドではなく文化として広めたい」という情熱で繋がったふたり。業務提携を結び、本来は門外不出であるレシピをエーデッガー氏から直々に伝授された野澤氏の手により、グラーツ本店の味がそのまま日本で再現されています。

 

本店と同じ伝統レシピで作られる「ハンドカイザー」は必食!

一般的には「カイザーゼンメル」と呼ばれるドイツ語圏の「食パン」的な存在なのですが、こちらではひとつひとつ手で成形するため「ハンドカイザー」と呼ばれています。ほかのお店がスタンプで型押しするらせん模様を、手仕事にする事で立体感のある王冠型の美しい見た目だけでなく、焼き上がり時の生地のきめ細かさが生まれるのです。実際に食べてみると外はパリッとした歯ごたえを感じ、中は小麦の香りを感じるモチモチ食感です。

 

f:id:naruse_e:20150924212113j:plain

「ハンドカイザー」(200円)

 

f:id:naruse_e:20150924212130j:plain

「ハンドカイザー ごま」(220円)

 

f:id:naruse_e:20150924212145j:plain

「ハンドカイザー ザルツ」(220円)

 

f:id:naruse_e:20150924212158j:plain

「ハンドカイザー けし」(220円)

 

本店では食べられないメニューもそろう

「ハンドカイザー」をはじめレシピの大半は、王家御用達の称号を授かった時から今も変わらず受け継がれているとの「エーデッガー・タックス」。当時の王家の食卓に並んでいたパンと同じものを食べられるなんて感慨深いですが、初の海外進出となるマーチエキュート神田万世橋店の魅力は、忠実に再現された伝統の味だけではありません! 栄誉ある伝統を守りながら、それに甘んじることなく、「海外で展開するからには本店と違う味も提供したい」というエーデッガー氏の意向から数々の「日本限定」メニューがラインナップされています。

 

f:id:naruse_e:20150924212231j:plain
※画像はイメージです

 

「オープンサンド」(350~450円)。野菜やハーブ・果実の素材感、組み合わされる具材のハーモニーの両方が楽しめます。華やかなビジュアルは前菜としてビールやワイン合わせるのもお洒落です。※具材、価格は日によって異なります。

 

f:id:naruse_e:20150924212257j:plain

「エーデッガートルテ」(540円)。粗く砕いたかぼちゃの種がアクセントのキャラメルクリームを、赤ワイン風味のレーズンを混ぜたスポンジでサンドしたチョコレートケーキ。「王家御用達の伝統」を野澤シェフがスイーツで表現した重厚でクラッシックなケーキ。

 

f:id:naruse_e:20150924212314j:plain

「マジパンククロフ/モーンクグロフ」(各300円)。ハプスブルク家の王女マリー・アントワネットも大好物だったオーストリアの定番菓子「クグロフ」。「マジパンクグロフ」は全3種。それぞれオレンジピール・レーズン・かぼちゃの種が、「モーンクグロフ」にはケシの実が練り込まれており、濃厚なバター風味のしっとり生地に食感と香りのアクセントを与えています。

 

f:id:naruse_e:20150924212331j:plain

「エーデッガーブレンド」(350円)。同じマーチエキュート神田万世橋にあるスペシャルティコーヒー専門店「オブスキュラ・コーヒー・ロースターズ」が、「王家御用達」のパンの味を最大限に引き立てるために特別にブレンドしたコーヒーです。

 

まだある! スタッフさんに聞いたおすすめ商品はコチラ

お店には名物のハンドカイザーや日本限定メニューの他にも、まだまだたくさんのパンやお菓子が所せましと並んでおります。どれもおいしそうで目移りしますが、ここはひとつ「餅は餅屋(いや、パンですが……笑)」という事でスタッフさんにおすすめのパンを聞いてみることに。

 

f:id:naruse_e:20150924212404j:plain

「キプフェル」(250円)。 クロワッサンの元になった三日月型のパン。生地はロールパンのようなソフトでモッチモチな食感です。

 

f:id:naruse_e:20150924212420j:plain

「シシーブッセル」(1800円)。無類のスイーツ好きとして知られ、シシーの愛称で親しまれたエリザベート女王。そんな彼女に捧げられた一口サイズのクッキーは、濃厚なヘーゼルナッツ風味のサクサク生地で甘酸っぱいアプリコットジャムを包んだ「シシーの接吻」というその名前にも納得の上品な逸品です。

 

f:id:naruse_e:20150924212438j:plain

「クロワッサン」(250円)。外はサックリ、中はしっとりしたソフトタイプのクロワッサン。小麦粉の風味がしっかりと感じられます。

 

f:id:naruse_e:20150924212451j:plain

「トプフェン」(300円)。大ぶりな食事系デニッシュは食べ応え十分で男性にもおすすめ!クリームチーズたっぷりでチーズ好きにはたまりません。

 

f:id:naruse_e:20150924212503j:plain

「プルンダー」(280円)。こちらはスイーツ系の王道デニッシュ。甘いクリームに添えられた木苺とブルベリーの果実味と酸味がアクセント。

 

お店にはイートインスペースはありませんが、すぐ近くにはイスとテーブルがあるスペースがあるので、赤レンガ造りの趣きある建物を眺めながらちょっと贅沢なランチタイムを過ごしてみてはいかがでしょう。スイーツは「王家御用達」「世界初進出」「400年以上の歴史を持つ超老舗」などソソるフレーズが満載なので手土産にも喜ばれる事間違いナシ! いずれにせよ押さえておいて間違いのない注目のお店です!

 

お店情報

ホーフベッカライ エーデッガー・タックス
住所:東京都千代田区神田須田町1-25-4 マーチエキュート神田万世橋S3区画
TEL:03-5296-5777
営業時間:平日8:30~21:00 土11:00~21:00 日祝11:00~20:00
定休日:不定休

 

書いた人:南尾 旬

f:id:naruse_e:20150924212650j:plain

大学卒業後、フリーター、契約社員、正社員と着実にステップアップするも、突如フリーライターになった就職氷河期世代。うんちくが好物で料理は舌よりも頭で味わう派。お酒は飲んだら飲まれる派。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。