体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画館で開催!『タワー オブ アイオン』2.5アップデート記念ジャパンプレミアレポ

ユーザー同士の熱い戦いが繰り広げられた

オンラインゲーム『タワー オブ アイオン』が2.5にアップデートされることを記念してオフラインイベントが開催された。熱気溢れる会場内からレポをお届けする。今回のイベントは映画館内でのユーザー対戦やサプライズ発表などを含むイベントとなった。また東京と大阪間を映像でつなぎ、さらにニコニコ生放送も絡め、会場からでも、自宅のPCからでも参加できるマルチな企画となった。

映画館でオフイベントを開催 会場は熱気につつまれた

●2.5アップデートの概要
今回のアップデートのポイントは、まずはなんといってもグラフィックエンジンのブラッシュアップにより、グラフィックがさらに美しくなった点だろう。「キャラクターの動きはさらに滑らかになり、光の反射や気象効果の表現も更にリアルに」なったとのことだ。

大画面での対戦観覧

そしてキャラクターの個性をさらに際立たせるための顔の形の追加、体型パターンの追加もおこなわれた。さらに「スタイリッシュ」にゲームを楽しむことができる。既存プレイヤーにとって嬉しい「インスタントダンジョンの新規追加」や新人プレイヤーと熟練プレイヤーが協力できる「助っ人」システムといった新機能だろう。また、ペットシステムが強化され、新規ペットも追加されたとのことだ。

キャラメイクの自由度があがった

●映画スクリーンを使ってのオフイベント
さて、今回のイベントの舞台は大阪は茨木市のワーナー・マイカル・シネマズ茨木という映画館。この映画館には沢山のスクリーンがあるのだが、最大のスクリーンを利用してのイベントとなった。映画館の中の人にきいてみたところ、このようなゲームでのイベントでこの映画館を利用するのは初めてとのこと。実際、国内ゲームメーカーでシネコンを使ってオフイベントをやるという試みは初ということらしい。会場に入ると、前方のどでかいスクリーンと共にゲームプレイ用のPCがずらりとならんでおり、圧倒された。

ずらりと並んだ対戦マシン

今回のオフイベントにPC提供をおこなったONKYOさんによれば、映画館に持ち込んだPCの数はなんと48台。24対24の対戦環境を映画館内に整えたとのことだ。

ポップコーンのいい匂いがただよっていた
1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会