ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

運転中のストレスをモニター!眠気も防いでくれるスマートなカーシート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

運転する人なら誰しも、ハンドルを握っているときに疲れやストレス、眠気を感じたことがあるだろう。

一歩間違えると事故にもつながりかねないそうした要素を減らし、快適なドライブを提供しようと、フランスの大手自動車部品メーカー「Faurecia」がスマートカーシートを開発中だ。

・疲れや眠気をセンサー測定

どうスマートかというと、生体センサーが内蔵され、ドライバーの呼吸速度や心拍などをモニターする。

それらをもとに疲れやストレス、眠気の度合いを運転席横のモニターに表示するというもの。

ドライバーは自覚する前に疲れなどを認識し、必要に応じてシートでマッサージなどを受けられる。マッサージはストレスレベルが高いときにはリラックスを促すもの、集中力に欠けるときにはやや刺激的なものになる。

また、眠気が強いときは、シートから温風・冷風が出るといった“仕掛け”もある。

・NASAと共同開発

直接皮膚に触れずに心拍などの生体データを集め、分析するという高度な技術を活用するこのシステム、米航空宇宙局(NASA)やオハイオ州立大学の協力を得ながら開発を進めているという。

カーシートはドイツ・フランクフルトで開催されたモーターショーで発表されたばかり。現在はまだコンセプト段階だが、早ければ2020年にも実装車がお目見えするとのこと。

車分野では最近、自動駐車や無人運転といった新技術の活用がめざましい。Faureciaのスマートシートも実用化されれば、快適な運転と事故防止に貢献してくれること間違いなしだろう。

Faurecia

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。