ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファミコン世代専用企画!? アラフォーお父さんがただの80’sゲーマーに戻れる浅草花やしき「花魔界村」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


浅草花やしき+魔界村=「花魔界村」!

男には自分の世界があります。それもアラフォーともなると、ゲーセンやファミコンというワードにピクりとしちゃう、ゲーマーとしての血が騒ぎ出す世界があるのです。わかってよ!(全国々浦々のお母さん方面に向かってシャウト)

数千万画素のデジカメが一般化した現在ですが、ハートを震えさせてくれるのはむしろ24×24くらいのドット絵だったり。しかし2015年の現在、喜びの棒ことジョイスティックにかけた青春を語ろうにもタッチパネラーな子供たちは見向きもしてくれません。誰だっ! ドット絵をモザイクと言ったのは! と猛ろうにも家族全員総スルー。やりきれません。ええ、やりきれませんとも。

こうなったら仕方ないではありませんか。あの頃の僕らはきっと全力で少年だったことを理解してもらうためにも、家族を連れて浅草の「花やしき」に行こうではありませんか。

 

え、なぜ花やしきかって?

 

それは10月12日まで、生誕30周年を記念した「魔界村」とのコラボイベントを開催しているから。

その名も「花魔界村」!そのまんま!!

あの当時のアーケードゲームといえばグラディウスにスペースハリアー、ドラゴンバスターといった名作ばかり。ゲームセンター=不良のたまり場という印象が薄れ始めた頃でもあり、多くの新作が毎月のように発売されていた時期でした。

 

そんな最中にリリースされたカプコンの魔界村も大ヒット。翌年に出たファミコン版も売れに売れまくりましたっけ。

 

花やしきは今までにもロックマンやモンスターハンターといったゲームの、スタンプラリー&オリジナルゲームグッズ&コラボフードが楽しめるコラボイベントを開催してきたんですって。

 

残念ながら実機はないようで、ジャンプして高速撃ちしてレッドアリーマを瞬殺する「お父さんかっこいい!」なシーンを子供たちに見せることはできませんが、お母さんからの白ビームを受けずにすむから勝敗は1対1ってところでしょうか。

 

がっちり遊ぶならフリーパス、グッズ重視なら前売りチケット

花やしきの入園料は大人が1,000円で子供が500円。フリーパスは2,300円/2,000円ですが、花やしき入園料+乗り物3回券+コラボドリンク+オリジナルコルクコースター付きで2,000円の花魔界村スペシャル前売りチケットがありますよ。グッズ重視なら、子供はフリーパスで、自分はスペシャル前売りチケットで入るというのがいいかも。

 

また入園料と、通常なら1,500円のBBQ(厚切サーロイン加工肉150グラム、豚バラ肉60グラム、極太フランクフルト1本、季節のお野菜3種盛)がセットで大人2,000円/子供1,800円のランチBBQコースもやっていますよ。これなら「ゲームのイベントぉぉ?」とおかんむりなお母さんも納得していただけるでしょう。

 

まずはスタンプラリーのシートをゲットしてスタート!

子供たちに魔界村の、しいてはドット絵のすばらしさを語るためにはスタンプラリーのシートが欠かせません。まずはコイツを1階の花やしき園内カラクリ財宝伝ブースでいただきます。

 

 

そして園内をめぐってスタンプをポン、

 

ポンっと。

スタンプの数は全部で10コ。そのうち4つの武器スタンプを集められたらステージ1クリア。4つのマモノスタンプを集めてキーワードを埋めることができたらステージ2クリアです。

スタンプを集めてから花やしき園内カラクリ財宝伝ブースに戻ると、それぞれに景品がもらえるんですよ。ここは是非ともステージ2までクリアしたいところ! 上にアーサー×花やしきの名物パンダカーのドット絵を載せましたが、ステージ2の景品にはレアすぎるゾンビパンダカーのドット絵もあるのですから!

 

なおいくつかのスタンプはアトラクションを楽しまないとゲットできません。魔界村テーマらしく、全部がスリル&ミステリアスですよ。ヒントですか? そうですね、のりものチケットは8枚分でいけちゃいます。ってことで。

 

コラボフードorドリンクでも、最強のザコ敵スタンプ登場!

なお、魔界村で「ボスより強くね!?」と言われ続けたレッドアリーマースタンプだけは別格です。フードコートで花やしきのスタッフが考案したレッドアリーマーフードorドリンクを注文しないとゲトれないんです。

とはいえここは「メシ通」ですもの。飲み物食べ物も大好物。ええい、端から端まで全部お願いします!

 

まずはレッドクラッシャー。アーサーとレッドアリーマーのマシュマロつきイチゴシロップのかき氷です。普通に美味しい。

 

お次はレッドアリーマーのウイングカクテル。あ、カクテルといってもノンアルコールです。子供が飲みたい!といっても大丈……ブッ。こ、これ梅味だ……。すっぱ!

 

そしてレッドアリーマーのブレスカクテルはトマトジュース&オレンジジュース。赤の世界を構築するのに、スタッフが悩み抜いたんだろうなあという気分になってきます。いやま○いっていうんじゃなくて! なんかこう、逆に想像していなかった内角抉り込み系ストレートで!

 

と思っていたら、まっかいむらーメンは違いました。見た目に以下にも赤鬼味と思いきや、スープがトマトベースなんですよ。さらにチーズをトッピング。イタリアンですイタリアン。そうか、魔界村はイタリアにあったのか。

 

最後にグッズの大人買いをお忘れなく

最初に花やしき園内カラクリ財宝伝ブースに寄るとわかりますが、そのとなりにあるマルハナ商店には、花魔界村だけのグッズがずらり勢揃いしているんですよ。スタンプラリーの景品をもらったらそのまま展示ブースも見るしかない動線仕様。いやあ、これは仕方ありません(棒読み)。

 

個人的には鎧アーサーとハダカアーサーのステッカーがおすすめ。同じポージングですし、これは2枚、3枚セットと買っておいて、うまく使い分けてみたいところです。

店員さんにきくと、数万円ぶんのグッズを一気に買うお大臣さまもいるとのこと。負けてられません! お母さんにバレないよう、さあ勇気を出して!

 

すでに真横でお母さんが目を光らせているならその場でジャンプ。ちゃりんちゃりんしたらラッキー、せめてものお土産として200円のガチャガチャだけでもやっていきましょう。

 

もらえるグッズは缶バッヂ。あの頃も、こういうゲームグッズが欲しかったよなあと郷愁の念にかられること間違いありません。

というか、この2015年に魔界村の新グッズが作られたという事実に圧倒されます。すげえなぁ。

 

カプコンに限っていえば、1986年にはサイドアーム、1987年には初代ストリートファイターがリリースされています。来年も再来年もその翌年も、30周年記念なコラボイベントを開催して欲しいところですなー。

 

お店情報

浅草花やしき
住所:東京都台東区浅草2-28-1
電話:03-3842-8780
営業時間:10:00~18:00(季節・天候により異なります)
休園日は公式webサイトの 営業時間カレンダー | 花やしき をご覧ください。

 


書いた人:
武者良太

昼はモノ系のレビューやニュース記事作成、夜はディープな居酒屋巡りを嗜む、1971年式フリーライター。CHEAP BUT FUNなオッさん旅を楽しむオジ旅チームメンバーでもある。 Twitter:@mmmryo

武者良太さんの最近の記事


武者良太さんのすべての記事

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。