体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファミコン世代専用企画!? アラフォーお父さんがただの80’sゲーマーに戻れる浅草花やしき「花魔界村」

f:id:Meshi2_IB:20150910091658j:plain

浅草花やしき+魔界村=「花魔界村」!

男には自分の世界があります。それもアラフォーともなると、ゲーセンやファミコンというワードにピクりとしちゃう、ゲーマーとしての血が騒ぎ出す世界があるのです。わかってよ!(全国々浦々のお母さん方面に向かってシャウト)

数千万画素のデジカメが一般化した現在ですが、ハートを震えさせてくれるのはむしろ24×24くらいのドット絵だったり。しかし2015年の現在、喜びの棒ことジョイスティックにかけた青春を語ろうにもタッチパネラーな子供たちは見向きもしてくれません。誰だっ! ドット絵をモザイクと言ったのは! と猛ろうにも家族全員総スルー。やりきれません。ええ、やりきれませんとも。

こうなったら仕方ないではありませんか。あの頃の僕らはきっと全力で少年だったことを理解してもらうためにも、家族を連れて浅草の「花やしき」に行こうではありませんか。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150908143005j:plainえ、なぜ花やしきかって?

 

f:id:Meshi2_Writer:20150908141216j:plainそれは10月12日まで、生誕30周年を記念した「魔界村」とのコラボイベントを開催しているから。

その名も「花魔界村」!そのまんま!!

あの当時のアーケードゲームといえばグラディウスにスペースハリアー、ドラゴンバスターといった名作ばかり。ゲームセンター=不良のたまり場という印象が薄れ始めた頃でもあり、多くの新作が毎月のように発売されていた時期でした。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150908151943j:plainそんな最中にリリースされたカプコンの魔界村も大ヒット。翌年に出たファミコン版も売れに売れまくりましたっけ。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150908152050j:plain花やしきは今までにもロックマンやモンスターハンターといったゲームの、スタンプラリー&オリジナルゲームグッズ&コラボフードが楽しめるコラボイベントを開催してきたんですって。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150908152135j:plain残念ながら実機はないようで、ジャンプして高速撃ちしてレッドアリーマを瞬殺する「お父さんかっこいい!」なシーンを子供たちに見せることはできませんが、お母さんからの白ビームを受けずにすむから勝敗は1対1ってところでしょうか。
1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。