ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

流通量は月わずか30頭のみ!ホテルニューオータニ全館で幻の和牛“尾崎牛”祭り!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

肉好き必見!ホテルニューオータニ大阪では、幻の“尾崎牛”を使った厳選メニューをホテル全館で提供する。

尾崎牛とは、宮崎県の尾崎宗春氏が自家配合飼料と天然水で肥育した赤身の旨みを感じる最高級の牛肉として、流通量は月わずか30頭のみという幻の和牛。13種の無農薬素材を混ぜ合わせた飼料を与え、通常より4カ月長く飼育する独自の肥育により、噛むほどに旨味が溢れる熟成した赤身と、あと味に絶妙なキレのある脂身が特長だ。

「尾崎牛ハンバーグととろけるビーフシチュー」(「フランス料理SAKURA」単品4500円/税・サ別)は、日本ハンバーグ協会主催の第1回ハンバーググランプリで、全322のハンバーグの中から、デラックスバーグ部門で金賞に輝いた一品。幻の尾崎牛100%のハンバーグに尾崎牛ビーフシチューをたっぷりかけた。

肉本来の味わいを存分に楽しめるように、中がほんのりと赤みが残るように絶妙に焼き上げたハンバーグと、とろとろに煮込んだビーフシチュー、2つのメイン料理を一度に堪能できる。また、その間にはグラタンドフィノワ(じゃがいもグラタン)を挟み、フレンチの技で進化した新たな世界観を満喫できる。

そのほかにも、尾崎牛すき焼き&松茸丼、尾崎牛&トリュフの小龍包、尾崎牛の串焼き、尾崎牛&佐賀牛の鉄板焼きなど、肉好きにはたまらない全館尾崎牛祭り!

美味な秋を味わい尽くそう。詳しくはこちら(http://www.newotani.co.jp/osaka/restaurant/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP