ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】出向制度を有効活用!企業間のレンタル移籍を可能にする人材プラットフォームとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

企業にとって、人は宝。優秀な人材の発掘と育成は、より大きな発展へとつながっていく。

最近では会社側も人材登用を最重要課題とし、採用する側とされる側、双方がハッピーになれる制度を模索し始めている。

そこで注目したいのが、9月15日にリリースされた「LoanDEAL(ローンディール)」だ。

古くからある“出向制度”を、人材の育成や企業のイノベーションに活用。古来の制度を応用した新たな取り組みで、新しい人材育成・活用の手法を提示していくものである。

提供元は、7月にスタートしたばかりのローンディール。代表取締役社長の原田 未来(はらだ みらい)氏が、インタビューに応じてくれた。

・“出向制度”をオープンかつ戦略的に活用

Q1:まずは、「LoanDEAL」提供のきっかけと経緯から、お聞かせください。

私の個人的な経験からです。

私はラクーンというベンチャー企業に、創業間もない時期に入社しました。そこから13年間同じ会社に勤め、その間、いろいろな部署の部門長をやらせてもらったり、上場を成し遂げたりと、貴重な経験をさせてもらいました。

その一方で、30歳前後くらいから、成長の余地が減ってきたと感じるようになりました。「今、勤めている会社に不満はない。でも、外の世界を見たい」そんな思いを抱いていたのですが、それは私だけではないんじゃないかな、と思ったのがきっかけです。

Q2:「LoanDEAL」とは、どんなサービスなのでしょうか。

企業間のレンタル移籍プラットフォームです。従来からある“出向”という制度を活用して、もっとオープンに、かつ戦略的に、企業が人材交流をするためのサービスです。

サイト上に、人材を受け入れてもよいと思っている企業のプロジェクト情報が、掲載されます。プロジェクトを見て、自社の社員を参加させてみたいと思った企業が応募、打ち合わせ・契約を経てレンタル移籍が成立します。

この出会いから契約、実際の移籍期間をサポートするのが、当社のサービスです。

・人材の育成と離職防止に貢献

Q3:本サービスは、人材登用の分野にどのように貢献するのでしょうか。

人材を貸し出す企業にとっては、イノベーション人材の育成、という点が大きいですね。

同じ環境にいては見えないこと、それは新しいテクノロジーに関する情報かもしれないし、自分たちが気づいていない、自社の強みかもしれません。そういったものに、気付く機会になります。

さらに、離職防止にも効果があるのではないか、と考えています。“隣の芝”を見て帰ってくることによって、今ここにいることの納得感が、高まると思います。

つまり、視野が広く、かつ自社へのコミットメントの高い人材=イノベーションを起こせる人材が育つのではないか、と考えます。

Q4:これから「LoanDEAL」は、どんなサービスに成長していくのでしょうか。未来の展望をお聞かせください。

現在は、大企業からベンチャー企業へ、人の流れを作っています。非常にわかりやすく、両極端な強みを持っているからです。

(今後は)実績やパターンを蓄積しながら、それを少しずつ、横展開していくつもりです。当社の最終的な目的は“人が強くなる社会を作る”ことです。これは、大企業・ベンチャーに限った話ではありません。

かつての私のような人、つまり1つの企業に属してがんばろうと思っている人に、少しでも多くの成長の機会を提供していきたい。そう思っています。

LoanDEAL

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP