ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1000万円オーラ放つ先代ジャガー 最安なら39万円から買える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。今回は、生まれ変わった英国車、ジャガーが超お得に買えるという極秘情報を、これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。栄枯盛衰は世の習いと言うが、イギリスの名門・ジャガーの命運は実にドラマチックだ。なにしろ、かつて英国が植民地にしていたインドの財閥に買われてしまったのだから。

 現在のジャガーは実に素晴らしい。以前の古典的なジャガーから一転して、とてつもなくアバンギャルドでアーティスティックなクルマ作りをしている。インドの香りもしない。

 ジャガーは1989年から2008年まで米フォード傘下にあり、一部アメリカ的なクルマ作りを強いられていた。ところが新しい親会社のタタ・モータースは、ジャガーのクルマ作りに一切口を出さず、好きなようにやらせる素晴らしいパトロンなのだ。かつての植民地だからこそ逆に、英国の名門ブランドをリスペクトしているのだろう。

 その象徴は、5年前に発売されたフラッグシップセダンの新型XJだ。これまでのジャガーとは似ても似つかない美しい軟体動物のようなフォルムは、美女をメロメロにしそうな高級オーラに満ちている。ベンツのような威圧感ではなく、知性や感性で美女を押し倒してしまえそうだ。

 が、さすがにXJは高い。最安グレードでも1000万円する。しかし先日発売されたミディアムサイズのXEは477万円台から。レクサスの一番小さいセダン、ISとほぼ同じ価格帯だ。レクサスとジャガー、どっちが美女にウケるかといえば、やはりジャガーではないだろうか?

 このXE、見た目はXJの縮小版で、見るからにセンスが良さそう。美女は「これに乗るオジサマなら、きっと知的で小粋な会話で楽しませてくれそう」と思うに違いない。

 エンジンは2リットルのターボで、燃費も良好。ガソリン車に加えて年末くらいからはディーゼル(497万円~)も選べるようになる。美女にはエンジンなどどうでもよかろうが、同じ400万円台で先進のクリーンディーゼルが買えれば、おサイフには優しいし加速も抜群。人生、最後にひと花咲かせるつもりでジャガーを買い、美女との温泉ドライブに備えるというプランもアリではないか?

「冗談じゃない! ジャガーの新車なんてカミさんが許すはずがないだろう!」

 そう仰るなら仕方ない。激安中古車の出番だ。タタ傘下に入ってからのジャガーの中古車は人気があって相場が高いが、それ以前のジャガーは軒並み激安価格で購入できる。中でもオススメは先代XJ(2003~2010年製)だ。フォード傘下で最後に開発されたクルマで、先進のオールアルミボディを持ち、室内は広いし信頼性もけっこう高い。ただ中途半端にアメリカっぽく実用的にしたため、どことなくイモ臭く、まるで人気がないのである。

 それでも昔ながらのジャガーっぽい形ではあるし、故障のリスクも低い。この、誰が見ても1000万円くらいはしそうなオーラを放つ先代ジャガーXJが、最安で39万円から買える(笑)。さすがに39万円のジャガーを買うのは勇気がいるが、100万円ちょっと出せば、そこそこの程度の中古車を買うことができる。

 美女との温泉ドライブを目指して、激安ジャガーで人生最後の冒険をしてみるのもオツではないだろうか?

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
タートルネック&ノースリーブの美女がそそるのはなぜだろう
徳大寺有恒氏 芸術の街で1500万円のベントレー買った過去
徳大寺有恒氏「女にモテる車を作れば若者の車離れは止まる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP