ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ココイチ トッピング人気はチーズ、ロースカツ、やさいの順

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カレーチェーンとして「一人勝ち」の様相を呈している『カレーハウス CoCo壱番屋』。国内の店舗数は1200以上に及び、年間9000万食を販売する。

 同チェーンの魅力は、自分好みのカレーを作り上げることができる多彩な「トッピング」だろう。店舗によって多少異なるが、トッピングは約40種類。辛さも10段階から選べる。

 本誌カレー好き編集Yの「定番」は「『手仕込ヒレカツカレー』+ほうれん草トッピングで2辛」である。ちなみに、大体の『CoCo壱番屋』には自由に読めるマンガの本棚がある。『名探偵コナン』や『はじめの一歩』を読みながら、カレーをむさぼるのが何よりの楽しみだ。

 話をトッピングに戻そう。『CoCo壱番屋』経営企画室・平尾康能氏によれば、トッピングの人気上位は1位「チーズ」、2位「ロースカツ」、3位「やさい」となっている。

 豊富なトッピングが生まれた背景には、創業者・宗次徳二氏の思想がある。1978年、愛知県名古屋市郊外の西春日井郡西枇杷島町(当時)に1号店をオープンして以来、宗次氏は「ノーといわない壱番屋」をモットーに、客の要望に愚直に応えていった。

「カツカレーにチーズをのせてくれ」「トマトのスライスを添えて」「イカも食べたい」などというリクエストに応じていくなかで、現在のスタイルが確立されていった。

 今年6月からは10段階の辛さに加え、1甘から5甘まで「甘口の段階」も選べるようになった。
 
「全店舗の7割が駐車場付きの郊外型で、家族連れが多い。そのため3年前から甘さの研究を重ねていました」(平尾氏)

「選べる楽しさ」を突き詰めたことが、『CoCo壱番屋』成功の秘密だった。

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
PA内ココイチ名物 ロースカツと海老フライのKabuto カレー丼
カレー専門店 1000円前後の値段を取るには専門の人材が必要
ココイチ 店舗限定メニューが人気 鹿肉カレー、きしめんも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。