ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川島なお美母「もう少し病室にいれば」と後悔も鎧塚氏に感謝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女優・川島なお美が9月24日、胆管がんで亡くなった。54才だった。

 9月7日、夫である鎧塚俊彦氏(49才)と都内のイベントに参加した川島。3か月ぶりの公の場だったが、頬がこけて骨格があらわになり、体重は30kg台前半という激やせに報道陣は騒然とした。

 14日に主演舞台の長野公演の初日をこなして女優魂を見せつけたが、舞台裏で体は悲鳴を上げていた。17日に体調不良で舞台を降板し、急きょ帰京して入院。死は目前に迫っていた。

「もう自分の力では動けない状態でした。がんが全身に転移しており、主治医も手の施しようがなかったのだそうです」(川島を知る芸能関係者)

 容体が急変したのは、24日のことだった。川島の母が語る。

「鎧塚さんから“危ないかもしれません”と連絡を受けて、急遽病室に駆けつけたんです。主治医の先生も“今日、明日が山場かもしれません”とおっしゃいました。でも、私たちがなお美の手を握ったら、とても温かかった。顔色もきれいで血色もよく、先生の言葉はとても信じられませんでした。このまま絶対によくなるんだって、信じていました。その後、小康状態が続いたので、私と主人は一度実家に帰ったんです」

 鎧塚氏によれば、この前夜、川島は吐血。ベッド周辺に血が飛び散るほどの量だったという。

「ごめんね…」

 消え入るような一言を最後に川島は意識を失った。そして24日午後7時55分、永眠。

「あの時、もう少しでも病室にいてあげたら最期を看取ることができたのに…。後悔してもしきれません。私たちに代わって、鎧塚さんは付きっきりでなお美を看病してくれました。どんなに悲しくても頑張って耐えてくれて、涙を見せず気丈に振る舞ってくださいました。私も主人もとても感謝しています」(川島の母)

 川島の25年来の友人で、同じ寺に墓を買う約束をしていた作曲家の三枝成彰氏が振り返る。

「最後に会ったのは7月末、林真理子さん(61才)と3人でね。“川島さんを元気づけよう”ってことで。確かにやせていたけど、ぼくたちと同じように和食のコースを完食していたんですよ。“舞台ぜひ見に来てね”って、本当に元気だった。早すぎますよ…。えぇ、彼女とはお墓の話もしました。都内のあるお寺に、奥田瑛二さん(65才)、与謝野馨さん(77才)らと隣り合って墓を買おうって。

 亡くなった後、鎧塚さんからお墓の件で連絡をいただきました。これから川島さんのお墓を購入するようです。川島さん、とにかく強い人でした。負けず嫌いで真面目で、夢中で仕事をする人。最期まで女優であることを貫いた。でも、ちょっと強すぎたのかもしれないね…」

※女性セブン2015年10月15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川島なお美 夫・鎧塚氏との大ゲンカを「鎧塚祭り」と呼ぶ
川島なお美と夫・鎧塚英彦氏 シャンパングラス手に見つめ合う
夫・鎧塚俊彦氏の失明危機に川島なお美、手料理でサポート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP