ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真に拡張現実を施せるアプリ「Shift」、写真編集アプリ開発のツールとしても!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Shift2

写真を編集できるアプリはたくさんあるが、このほど登場したのは拡張現実を施せるアプリ「Shift」。

端末内にある写真に、モザイクといった模様などを重ね合わせられ、CG的な写真にすることができる。

・模様がプリセット

開発元は、ModiFace。メイクのシミュレーションをiPadなどの端末に映し出すアプリを展開しているスタートアップとして知られている。

こちらはすでに化粧品会社の店頭などで広く活用されている。拡張現実を使っている点はShiftも同じだが、人物や風景などあらゆる写真に、プリセットされている模様などを重ねられるというものだ。

Shift

・芸術的な写真に早変わり

使い方はとても簡単で、アプリに写真をアップロード、またはアプリ内のカメラで撮影し、加えたいエフェクトを選ぶだけ。

その後、好みで明るさやコントラストなどを調整する。操作はいたってシンプルであるにもかかわらず、その写真の変化は大きく、平凡な写真でも“ピカソ風”な作品にできる。

・写真アプリ開発のツールとして

しかし、ただ写真をいじって遊ぶだけではなく、このアプリにはもう一つ大きな目的がある。

それは、デベロッパーに写真編集アプリの作り方を学ぶツールとして役立ててもらうことだ。

具体的には、コードを使って写真編集アプリを組み立てる時、このアプリをプレビュー機能として活用するというもの。主に、デベロッパーを目指す学生の使用を想定している。

アプリは無料。iPhoneとiPadで利用できる。

ModiFace

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。