ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL、DJ DARUMAによる「PKCZR」がジャネット新曲をリミックス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ本日10月2日に発売となったジャネット・ジャクソンの、7年ぶり11作目となる新アルバム『アンブレイカブル』。その国内盤に、EXILE HIROの呼びかけにより結成された話題のチーム、「PKCZR」がリミックスを手掛けた「ノー・スリープPKCZR Remix」がボーナストラックとして収録されていることが判明した。

 ジャネット・ジャクソンのオリジナル・アルバムに日本人アーティストによるリミックスが収録されるのは初めて。過去の来日でも着物姿で記者会見に登場するなど親日家なジャネットが、何か日本のファンのために特別なことをしたいという願いから、このコラボレーションが実現した。

 このコラボ実現に際し、PKCZRのメンバーであるEXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL (m-flo)、DJ DARUMAから、ジャネットの新作についての感想と合わせ、以下のコメントが到着している。

<EXILE HIRO コメント>

とても光栄なことですし、
どんな展開になり、どんな未来に繋がっていくのか、とても楽しみにしています。
昔ながらのジャネットの良さを盛り込みながら、
今のトレンドを感じさせる音作りはさすがジャネットだなと感心させられます。
いつの時代も素敵な作品を世に送り出しているジャネットの表現を
改めてリスペクトできる作品ではないかと思います。

<DJ MAKIDAI コメント>

音楽もダンスも大好きな憧れのアーティストだったので、
PKCZRでリミックスをする話をきいたときは、信じられないほど嬉しい気持ちでした。
彼女の魅力は語りつくせないけれど、こうやって今携われることができて、本当に光栄です。
音楽の振り幅がとても広く、受け皿が大きい、聴き応えが非常にあるアルバムだと思います。

<VERBAL コメント>

懐かしさをも感じる往年のファンには嬉しいサウンドでありつつも、
現代の多岐に渡るジャンルのサウンドと絶妙なシンクロ感を併せ持った素晴らしい作品だと思います。
「No Sleeep」で J.Cole のバースが入ってきた時は震えました!ジャネット最高です!

<DJ DARUMA コメント>

ジャネットさん節とグルーヴ感はそのままに、
サウンドの鳴りとビート感はきっちり2015年に進化しております。
これはLIVEが楽しみでなりません!!!!

***

 なお、ジャネット・ジャクソンは11月に、新作を携えて、実に14年ぶりの日本ツアーを行うことも決定している。

◎商品情報
『アンブレイカブル』
205/10/2 RELEASE(国内盤は10月3日発売)
SICX12 2,400円(tax out.)
※初回限定デジパック仕様/ジャケット2種ランダム仕様
iTunes:http://apple.co/1FJUwlc

<国内盤収録内容>
01. アンブレイカブル
02. バーンイットアップ!(feat.ミッシー・エリオット)
03. ダム・ベイビー
04. ザ・グレイト・フォーエヴァー
05. シュッダ・ノウン・ベター
06. アフター・ユー・フォール
07. ブロークン・ハーツ・ヒール
08. ナイト 
09. ノー・スリープ(feat. J.コール)
10. ドリーム・メイカー/ユーフォリア
11. トゥ・ビー・ラヴド 
12. テイク・ミー・アウェイ 
13. プロミス
14. レッスンズ・ラーンド
15. ブラック・イーグル
16. ウェル・トラべルド
17. ゴン・ビー・オールライト
18. プロミス・オブ・ユー※
19. ラヴ・ユー・フォー・ライフ※
20. ノー・スリープ PKCZR Remix※
※=ボーナス・トラック

◎来日公演情報
【JANET JACKSON / UNBREAKABLE WORLD TOUR】
2015年11月19日(木) 大阪・インテックス大阪5号館
2015年11月21日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2015年11月22日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
詳細:http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/11janet/

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: リターン・オブ・エンジェル・ヴォイス!ジャム&ルイスとの再タッグで鮮やかな再スタートを切ったジャネット・ジャクソンの新作『アンブレイカブル』
Song Review: 古き良きアメリカのストリートを描いた傑作!マックルモア&ライアン・ルイス「ダウンタウン」
ゼイン・マリクの新しいサウンドを聴いた人気DJが大絶賛

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP