ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

粘膜下で転移する消化管間室腫瘍に低侵襲の単孔式内視鏡手術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 胃がんは粘膜に発生するため、胃の痛みや不快感などの自覚症状がある。しかし、GIST(消化管間室腫瘍・しょうかかんかんしつしゅよう)は胃や小腸など消化器の粘膜の下にある筋肉層から発生するので、ほとんど自覚症状がなく、健康診断で発見される例が大半だ。

 働き盛りに多く見つかり、大きくなると肝臓などに転移し、命に関わる。治療は大きさと部位によって開腹手術が行なわれる。早期の胃がんでは口から内視鏡を入れて粘膜ごと、がんをそぎ取る方法が行なわれている。ただ、胃のGISTは粘膜の下に潜っているために、口からの内視鏡では取りきれないことが多く、胃を大きく切除するケースもある。

 メディカルトピア草加病院の金平永二院長に話を聞いた。

「開腹手術で全摘すると、胃の機能が損なわれるだけでなく、腹に大きな傷が残ります。従来の腹腔鏡(ふくくうきょう)手術でもヘソを含めて4つの傷が残ります。なんとかヘソの穴一つで、内視鏡治療ができないかと考えたのが単孔式内視鏡手術です。

 私はヘソの穴に装着するエックスゲートという専用の器具を開発し、そこからカメラや電気メス、鉗子といった器具を入れて治療します。エックスゲートは、2012年に薬事法による審査に通り、多くの医師に使っていただけるようになりました」

 治療はヘソを約2.5センチ切り、エックスゲートのベースをその穴に装着する。フラップを4方向に引っ張ると、ヘソの穴が最大限に大きくなる。エックスゲートのベースに、カメラや電気メスなどの器具を入れる4つのチャンネル(入り口)がついた蓋を被せる。炭酸ガスで腹部が十分に膨らんだところで、チャンネルからカメラや電気メスなどを挿入し、健康な胃をなるべく残してGISTを切除する。

 切除したGISTは、細胞が散らばらないように袋に入れて外に出す。胃に空いた穴を筋肉ごと縫って閉じ、すべての器具を外に出した後で、ヘソも縫って終了する。

「治療が難しいのが、食道と胃の境目にできたGISTです。近くを迷走神経という胃を働かせる神経が通っているので、通常は開腹して胃の全摘になりますが、私は内視鏡による胃内手術を行ないます」(金平院長)

 ヘソを約2.5センチ切り開き、胃を引っ張り上げ、ヘソの穴に縫いつけた後で胃も約2.5センチ切開する。そこにエックスゲートを装着し、胃の中に直接、カメラや電気メスなどを入れて神経を切らないよう胃の外壁1枚残してGISTを筋肉ごと切除し、袋に入れて体外に出す。補助用に2ミリの極細の器具を入れ、切除や縫合などを行なうが補助具の傷はすぐに塞がる。

 所要時間は約2時間で、痛みも少なく、術後1週間で退院可能。この施設ではGIST治療の90%以上を単孔式内視鏡手術で行なっており、傷が残らないと患者に好評だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
早期発見で100%近く完治する大腸がん 良い病院見分ける方法
胃がんに強い病院 内視鏡治療数の割合に着目すると分かる
早期大腸がんは電気メスの「内視鏡的粘膜切除術」で根治できる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP