ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7000件の嘘クレームつけた女 近所の商店からは出入り禁止処分

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 兵庫・伊丹市のあるアパートでは一昨年来、日常的にこんな奇妙な光景が──。

 ネクタイをしめた男性が緊張した面持ちで、コロッケが入った紙袋を抱えて玄関前までやってきた。すると、そこにはすでに先客がいた。ケーキの箱を持ち、困惑気味に立ちすくむ女性だ。しかし、その女性の視線の先にも、また別のスーツ男性が「申し訳ありませんでした」と謝りながら、アパートに住む中年女性にパンと商品券を差し出していた──。

「髪の毛が入っていたんです。新しいものを持ってくるか、返金してほしい」

 購入してもいないケーキなどに髪の毛が入っていたと嘘のクレームをつけ、新品や現金を騙し取った詐欺の疑いで、小野谷知子容疑者(45才)が逮捕された。今年2月以降の半年だけで、30都道府県の洋菓子店など約1200店に、約7000回も電話を入れていたようで、彼女のアパート周辺にはひっきりなしに品物を持った人が“謝罪”に訪れていたという。

「1年前までは母親と2人で暮らしていましたが、最近はひとり住まいだったようです。彼女が同様の容疑で逮捕されるのは今回で3度目。一昨年の秋以降から、ケーキだけではなく、クリームパン、食パン、ビーフコロッケ、クリームコロッケ、メンチカツなど、さまざまなものに異物が混入していたとクレームをつけ、交換の新品だけでなく、現金や商品券なども受け取っていました」(捜査関係者)

 彼女の“日課”は朝5時に始まる。携帯電話を持って風呂場にこもり、夜中までひたすら嘘のクレーム電話をかけ続ける声を、近所の住民は毎日聞いていた。

 最初は丁寧な口調で、相手が返金すると応じると、さらに「じゃあ新品と、できれば他の商品も持ってきて」とたたみかける。相手が拒否すると、すぐに電話を切るか、荒い言葉で怒号を飛ばすのだという。

「郵便局の配達員が現金書留を多いときは朝、昼、夕の1日3回も運んできていた。家の前で商品を持った飲食店や食品メーカーの人が“行列”を作ることもしばしば。ある時、生の冷凍コロッケを持ってきた男性が“ウチには油がないから揚げられない。お金にしてほしい”と追い返され、“だったら、なぜウチの商品に髪の毛が入っていることがわかったんだ”と頭を抱えていました」(近所の住民)

 彼女の偽クレームは電話だけではなかったようだ。

「近隣のスーパーでは“店内で転んで服が破れた”などといちゃもんをつけ、修理代名目でお金を受け取っていた。商品へのクレームも多かったので、近所の商店は彼女を入店禁止にしていた」(別の近所の住民)

 元大阪府警刑事で、クレーム対応コンサルタントの援川聡氏が言う。

「飲食物への異物混入クレームはこの十数年で倍以上になっています。最近では、“野菜に虫がついていた”“種なしぶどうなのに種が入っていた”“骨なし切り身魚なのに骨があった”など、以前ではクレームにならなかったことも増えています。お客様第一とはいえ、なんでもかんでもの返品では店側も大変。特に40代の主婦にそうしたクレームをつける人が多い印象です」

※女性セブン2015年10月15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「長すぎるエクレア」登場 ほかにしょうが風味なども
「証拠ないのに金返せ」異物騒動で客減クレーム増の外食産業
ソバ屋の「今出ました!」を許せない男性 自転車使った秘策

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP