体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脱原発の理路

内田樹の研究室

今回は内田樹さんのブログ『内田樹の研究室』から転載させていただきました。

脱原発の理路
平田オリザ内閣官房参与は17日、ソウル市での講演で、福島第一原発で汚染水を海洋に放出したことについて、「米国からの強い要請があった」と発言したのち、翌日になって「不用意な発言で、たいへん申し訳なく思っている」と発言を撤回して、陳謝した。
発言について平田参与は「この問題には全くかかわっておらず、事実関係を確認できる立場でもない」として、事実誤認であることを強調した。

内閣官房参与、特別顧問の“失言”が続いている。
平田参与の前に、3月16日には笹森清内閣特別顧問が、菅首相との会談後に「最悪の事態になった時には東日本がつぶれることも想定しなければならない」という首相の発言を記者団に紹介した。
4月13日には松本健一内閣官房参与が「原発周辺には10~20年住めない」という首相発言を紹介したのち、撤回した。
震災直後に内閣官房参与に任命された小佐古敏荘東大大学院教授は、政府の原発事故対応を「場当たり的」と批判して、4月29日に参与を辞任した。

私はこれらの官邸に近いが、政治家でも官僚でもジャーナリストでもない方々の“ぽろり”発言はおおむね真実であろうと解している。
彼らはある意味“素人”であるので、官邸に実際に見聞きしたことのうち、“オフレコ扱い”にしなければならないことと“公開してもいいこと”の区別がうまくつかなかったのだろう。
私だって、彼らの立場になったら、“ぽろり”と漏らす可能性がたいへんに高い人間なので、とりわけご本人の篤実(とくじつ)なお人柄を存じ上げている平田さんには同情を禁じ得ないのである。

顔見知り相手に内輪で「いや、驚いた。ここだけの話だけどさ、実はね……」というふうに言うのまではOKだが、マスメディアやネット上で公開してはならないコンフィデンシャルな情報というものは、官邸まわりに出入りしていれば、ごろごろ転がっているであろう。
「それは言わない約束でしょ」という、“あれ”である。
「あるけど、ない」とか「ないはずだけど、ある」というときの“あれ”である。
“そういうもの”がなければ、政治過程だって意思疎通はできない。それは政治家の方たちと多少お話をする機会があるとわかる。

彼らだって、一皮むけば“ふつうの人”である。喜怒哀楽があり、パーソナルな偏見を抱えており、あまり政治的に正しくないアイディアだって抱懐している。
それをある程度開示しなければ、自分が政治家として“ほんとうは何がしたいのか、何を言いたいのか”をまわりの人たちに理解させることはできない。

それは“自分のメッセージの解読のしかたを指示するメッセージ”、すなわちコミュニケーション理論でいうところの“メタ・メッセージ”として、通常は非言語的なしかたで(表情や、みぶりや、声のピッチや、あるいは文脈によって)指示される。

顧問や参与のみなさんの“失言”は、発言者が“どういう文脈でそれを言ったか”というメタ・メッセージの聞き違えによって発生したものと思われる。
その“文脈のとり違え”は「私のような“ふつうの人間”に“そういうこと”を平気で言うというのは、“そういうこと”はいずれ天下に周知されることなのだ」という解釈態度によってもたらされたのだと私は思う。

つまり、参与や顧問の方々はご自身を“政治家たちの中に立ち交じっている非政治家”だとは自覚しているのだが、それをつい“ふつうの人間”のことと勘違いしたのではないかと、私は思うのである。
“私のようなふつうの人間”にむかって、“こんなこと”がぺらぺら話されるというのは、“こんなこと”は別にクラシファイドではないのだ、という情報の機密度評価を彼らはなしたのではないか。

ところが、彼らは“クラシファイド情報を開示してもいいクラブ”のメンバーに実はリストされていたのである。ただそのことがご本人には、はっきりとは伝えられていなかったのである。「そういうことは、先に言ってくれよ」と平田さんも、松本さんも思ったのではないであろうか。

以上、すべて想像ですので、「ちげーよ」と言われたら、それっきりですけど。

ともかく、私は上に名を挙げた方々はすべて“官邸内で実際に聴いたこと”をそのまましゃべったものと理解している。おおかたの日本人もそう理解しているはずである。

興味深いのは、マスメディアがこれらの発言が“撤回”や“修正”されたあとに、あたかも“そんなこと”そのものを“なかったこと”として処理しようとしていることである。
“たぶん『ほんとうのこと』なんだろう”という前提から、“『失言』の裏を取る”という作業をしているメディアは私の知る限りひとつもない。
私はこの抑圧の強さに、むしろ驚くのである。
それはつまり、政治部の記者たちは自分たちを“インサイダー”だと思っている、ということである。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会