ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型Nexusスペック強化も割高?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米グーグルは日本時間の9月29日、新製品発表イベントを開催し、新しいモバイルOS「Android 6.0 Mashmallow」を搭載した新しいスマートフォン「Nexus 5X」と「Nexus 6P」を発表した。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「Nexus 5X」は韓国のLGが製造を担当。ディスプレイは5.2インチで、電源ポートに新型Macbookでも使われている規格・USB Type-Cを採用している。また、前身機となる「Nexus 5」では800万画素だったメインカメラは1230万画素にパワーアップ。さらに指紋認証センサーとなる「Nexus Imprint」が搭載されている。

「Nexus 6P」は、ファーフェイ製で、5.7インチの大型ディスプレイを搭載。こちらもUSB Type-Cを採用し、「Nexus Imprint」にも対応している。

アメリカ、イギリス、アイルランド、日本のGoogle StoreではSIMフリー版の予約がすでに開始。「Nexus 5X」の価格は、16GBが5万9300円、32GBが6万3400円。「Nexus 6P」は32GBが7万4800円、64GBが8万800円となっている。

先日発売されたアップルのスマートフォン「iPhone 6s」(SIMフリー版)が8万6800~11万800円、「iPhone 6s Plus」(SIMフリー版)が9万8800~12万2800円であることを考えると、比較的安い設定といえる「Nexus 5X」と「Nexus 6P」。性能や仕様が違うので一概に比較できないが、ツイッターでは、

「Nexus 5X安いな!!」

「Nexus値段来た!流石に安い」

と、その価格設定を評価する声もある。

しかし、アメリカでの価格を見ると、たとえば「Nexus 5X」の16GBが379ドル、32GBが429ドル。1ドル=120円で換算するとそれぞれ4万5480円、5万1480円となり、日本国内の価格は少々高く設定されているようにも見える。この点も踏まえて、ツイッターでも、

「なんで150円を見通したレートなんだ。。 nexus…」

「てかNexusの価格、明らかに日本円だとドルよりもかなり(1万円近く)高いのなんでなの」

「Nexus 5Xあと1万安ければ即買いなんだがなぁ」

「Nexus 5X、『思ったより高い』以外の感想が吹き飛んだ」

などと、むしろ割高に感じているというネットユーザーも多かった。

ちなみに、9月30日に発表された、NTTドコモの2015年冬~2016年春モデルには「Nexus 5X」がラインナップされている。こちらは32GBモデルのみで、SIMロックがかけられており、価格は一括で9万円台、2年間の月々サポートを適用した場合は実質4万円台半ばとのこと。SIMフリー版との条件は異なるが、ドコモ版なら多少は安く購入することもできそうだ。

(小浦大生)

【関連リンク】

■Nexus スマートフォン – Android スマートフォン – Google ストア

https://store.google.com/category/phones?hl=ja

■「nexus」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=nexus

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

新型Nexusスペック強化も割高?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

新作iPad Pro「もはやパソコン同等か」
【発表】iPhone 6s 女子ウケ狙い?
円安のせい?新型iPhoneの価格高い…
息子に就職を勧めたい外資1位は?
新型iPhoneに関する5つの噂

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP