ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒沢清監督語る浅野忠信&深津絵里 ラブシーン撮影日に異変

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のカンヌ国際映画祭「ある視点部門」で日本人初の監督賞を受賞した黒沢清監督。その映画『岸辺の旅』が10月1日から公開されている。主演は浅野忠信と深津絵里。日本を代表する映画俳優といっても過言ではない二人の魅力や撮影秘話について黒沢監督に語ってもらった。  

――この映画には原作がありますが、映画を撮るきっかけは?

黒沢:原作はぼくが見つけたわけではなく、プロデューサーから「こんな小説があるけどどうだろう」と紹介されました。読んで一発で気に入りました。死んだ夫が妻のもとに戻ってくるという設定自体はこれまでもある話ですが、通常はそのように始まりますと、2人が幸せだった頃に戻るとか、昔残した何かをするとか、非常にノスタルジックなストーリー展開になるのが普通です。

 ところが、この原作の魅力は未来に向けてドラマが展開していく。ぼくたちは死んでしまった人たちとの関係をどうしても過去の思い出として語っちゃうんですけど、実はこれからの関係だってある。死者との関係は終わってないんだ、というテーマは非常にユニークで、感銘を受けました。

――主人公夫婦に浅野忠信さんと深津絵里さんというキャスティングですが、監督の希望が入っているんですか?

黒沢:キャスティングはもちろんぼくの希望だけでできるわけではありません。でも、今回は、40才くらいの夫婦で主人公と考えた時に、ぼくもプロデューサーも何の迷いもなく第一候補として、お二人の名前を挙げました。オファーしたら幸い、お二人とも承諾してくださり、スケジュールをいただくことができました。

――浅野さんが黒沢作品へ出演するのは、『アカルイミライ』以来2作目です。役者としての浅野さんの魅力とは?

黒沢:浅野さんも深津さんもまず言えるのは、一見どこにでもいそうなところです。それでいて、次の瞬間、見方を変えると普通の人とは思えない、選ばれた架空の、神話の中の特別な二人のようにも見える。どちらの面も持ち合わせていらっしゃることがとても強烈な魅力だと思いました。

 とりわけ浅野さんは、変な指摘かもしれませんが、テレビのコマーシャルなど、結構出ていらして多くの人が知っている存在にもかかわらず、テレビドラマではまず見ない。まさに映画の人。浅野さんを見たければ映画館に行こうと。お二人とも人気者ですが、映画でしか見られない。そこに価値があると思っていました(笑い)。

――これまでの作品と比べて浅野さんの成長ぶりを感じましたか?

黒沢:ご本人には大変申し訳ないんですけど、全然変わっていなかったですね。浅野さんのまんま。不思議な俳優ですね。つまり、ふだんからあんな感じで、浅野忠信のまんまなんですよ。じゃあ映画に映っているのは浅野忠信かというと、今回の映画で言えば完全に薮内優介というキャラクターになっている。香川照之さんがおっしゃってたことなんですけど、いかにも浅野さんらしいなというエピソードがあります。

――どんなエピソードですか?

黒沢:映画『剱岳』の撮影時のこと。突然、浅野さんが長々と話し始めたので、香川さんが「うわぁアドリブだ!」と必死でそれに応えたそうなんです。ところが、終わって香川さんが脚本を読んだらまったく脚本どおりだったって。つまり、脚本どおりの台詞なのに、浅野さんが言うとアドリブのように聞こえる。(キャラクターではなく)浅野さん本人が言っているようになっちゃう。俳優仲間の香川さんでさえ、「アドリブが始まっちゃった」と思ってしまうほどの特殊な才能です。今回もそうでした。ほとんど脚本どおりなんですけど、浅野さんが普通に言っているとしか思えない。なんなんでしょうね。ある種の天才です。

――浅野さんは20代の頃、インタビューしてもなかなかお話されませんでしたが、今はまったくそんなことがないですよね。

黒沢:えぇ、寡黙ではいらっしゃるんですが、しゃべるとなると誠実にしゃべってくれるんですよね(笑い)。

――黒沢監督は俳優にあれこれ指示しないタイプだと思いますが、お二人に何かリクエストはしなかったんですか?

黒沢:はい、指示もしませんが、撮影前のリクエストもほとんどしていません。今回撮影前にミーティングをしたときに、「大体こんな感じでいくと思います。よろしく」と。脚本をお渡ししていましたので、「何か質問がありますか?」と聞いたら、お二人は「特に何もありません」って。「浅野さんは特に、幽霊なのに存在しているという理屈では大変わかりづらい妙な役ですが、何かやりづらそうなところかありますか?」と聞くと、「何もないです」という答えでしたね。

――ご自分の中でキャラクターがすでにでき上がっていたんでしょうか。

黒沢:浅野さんも深津さんも、「この役はどういう設定なんだろう」「どういう人物なんだろうという」とは考えない。彼らは脚本を読んでまず、「この映画はどういう映画なんだろう」ということを押さえる。この映画は多分こういう映画だろう、この物語は多分こういうことを狙っている。だから優介という役はこういうポジションだろう、瑞希という役はこういうあり方でいるヒロインなんだな、と。それが、人物はどうとでも自由に動かせるものなのだろうと思います。

 だからこの映画が目指しているものがどんなものかを説明すれば、自分が演じる役がどういう人物なのかわかるのだと思います。おそらくですが、このお二人くらいになると、現場で相手の出方や監督の出方を待つのでは。浅野さんであれば、深津さんが自分が思っていたのと違う芝居をしてきたら違う芝居で応える。監督からもっとこうしてくれと言われれば、そう直せばいい、というような非常にキャパシティーの広いスタンスで現場に臨まれたんだと思います。実際、演じてみたら案の定、自分の芝居がそのまま全体の中で受け入れられて撮影が進んでいったんだと思いますよ。

――黒沢監督にとって良い俳優とはどういう俳優ですか?

黒沢:二人のような俳優です(笑い)。良い俳優というのは、まさに映画の中で、物語をちゃんとわかってくれる方。その中でどういう立場かを踏まえている方が理想ですね。ぼくだって物語を完璧に理解しているわけではないので、浅野さんや深津さんによって、「なるほど、これはこういう物語なんだ」って気づかされたことは多々ありました。

――撮影現場でお二人はどんな雰囲気だったんですか?

黒沢:ちらちら見ると、いい感じの親しさと距離感を保とうとしていらっしゃいました。この映画がまさにそのような距離感の中で二人が一喜一憂するというものでしたから。でも、ある撮影の日に朝からやけに二人は親しそうに、いつになく陽気に話している日があったんですよ。その日は夜、ラブシーンを撮ることになっていた。それを意識してか、とても仲良くしゃべっていました。

――撮影後にみなさんで飲みに行ったり、ということはなかったんですか?

黒沢:そういうことはありませんでした。そもそも浅野さんはお酒は一滴も飲めませんし。ぼくはそういうことをしないんですよ。だって、プライベートで知っている方に「ラブシーンをやってくれ」とは言えないですよ。「殺人鬼やってくれ」とも言えないし。現場は仕事ですし、ご本人と全然違う役を演じてもらうのに、その方の日常を知ってしまうのは、私はあまりよくないことだと思っています。

【黒沢清】
1955年7月19日生まれ、兵庫県出身。1997年の『CURE』で国際的な注目を集める。『回路』(2000年)で第54回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞、『トウキョウソナタ』(2008年)が同映画祭「ある視点部門」審査員賞を受賞するなど、国内外で多くの賞を受賞。東京藝大大学院で指導するなど、後進の指導も行う。

◇『岸辺の旅』
湯本香樹実の同名小説を映画化。ある日、薮内瑞希(深津絵里)のもとに、3年前に失踪した夫・優介(浅野忠信)が現れる。「俺、死んだよ」という優介に誘われて、瑞希は死んだ夫が世話になった人々を訪ねる旅に出る。死者である夫と生者である妻が旅することを通じて夫婦の絆を描くラブストーリー。10月1日からテアトル新宿ほか全国ロードショーをテアトル新宿ほか全国公開中。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
浅野忠信 インテリなフランス人女性と深夜のドライブデート
仲里依紗 幼なじみのハーフモデルから浅野忠信を略奪愛
恋人亡くした浅野ゆう子 遺影に語りかける日々、復帰は遠く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP