ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セキュリティ企業がAndroidを標的にした2つの新たなStagefrightバグを発見、一つはほぼすべてのAndroidに影響

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMS のビデオメッセージで端末が乗っ取られてしまう脆弱性 “Stagefright バグ” を報告したセキュリティ企業の Zimperium 社が、新たに 2 つの Stagefright バグを発見したと明らかにしました。「Stagefright 2.0」と名付けられた今回の脆弱性は、悪意のある人物が細工されたマルチメディアファイル(MP3 オーディオや MP4 ビデオ)を WEB サイトで公開し、Android で再生すると端末への不正侵入を許可してしまうというものです。一つ目の libutils ライブラリで発見されたバグについては、2008 年にリリースされた Android 1.0 から残ったままで、ほぼすべての端末が影響を受けるとしています。同社はこの問題を 8 月 15 日に Android セキュリティチームに報告しており、既に CVE-2015-6602 として公開されています。二つ目の脆弱性は、Android 5.0 以上の libstagefright ライブラリで発見されており、こちらも CVE コードが付与される見込みとのことです。Source : Zimperium

■関連記事
NVIDIA、日本でSHIELD向けのクラウドゲームサービス「GeForce Now」を開始、月額950円で登録後3ヶ月間は無料
BlackBerry、Androidスマートフォン「Priv」のティザーページを公開、Appleを上から目線で詰る
NVIDIA、Android TV「SHIELD」にOTA2.0のアップデートを配信開始、GeForce Nowをサポートしオーディオ機能を強化

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP