体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お鍋にワイン?! <しゃぶしゃぶ温野菜>の大人リッチなだしで食べる国宝豚のお味は?

10

ハンガリーの食べられる国宝「マンガリッツァ豚」って知っていますか? とろける極上の豚肉をワイン入りのポルチーニだしでいただくちょっとリッチなオトナしゃぶしゃぶが、この秋限定で登場しています。

だしにワインを注いで国宝豚をいただく贅沢コースが『しゃぶしゃぶ温野菜』に登場!

ハンガリーの国宝に指定されたマンガリッツァ豚は、年間数百頭しか育てられていない、とっても希少な豚。そしてその味は極上! そんなマンガリッツァ豚をワインを入れたしゃぶしゃぶで贅沢に味わえるメニューがあるんです!

※すべての画像入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/51612[リンク]

マンガリッツァ豚って?

マンガリッツァ豚2

氷点下30℃になるハンガリーの厳しい冬も越せるもっこもこの体毛に覆われ、『ウーリーピッグ(毛で覆われた豚)』とも呼ばれる豚。一見豚のようには見えません! 19世紀前半に誕生したのですが、生産性の問題で、一時期激減したとても希少な豚。2004年にハンガリー政府機関が国宝に認定し、生産が管理された世界でも珍しい“食べられる国宝”です。

1

マンガリッツァ豚を食べ放題できる温野菜の期間限定コース『香る秋しゃぶ』
マンガリッツァ豚のカルビとロース、そしてきのこ野菜盛りやつくねが食べ放題のコース。だしは期間限定のワインを注いで仕上げるポルチーニだしでいただきます。

希少な豚を食べ放題で提供できるワケは?

普通はこの価格で食べることができない希少なマンガリッツァ豚。その1年の総生産量の約半分を、温野菜が2ヶ月で消費してしまうんだとか……そんなことしていいの!?

温野菜がマンガリッツァ豚を大量に仕入れることができる理由は、生産が安定して海外に売りだそうとした時期に、全く売れなかったから。そのとき、手を差し伸べたのが温野菜で、今でも優先的に仕入れさせてくれる関係を築けているんです。

5

『香る秋しゃぶ』コースは香り高いポルチーニだしに目の前でワインをプラス! 大人女子がときめくスペシャル仕様!
コンソメに、独特の甘い香りで“きのこの王様”とも称される高級きのこ・ポルチーニ茸とマッシュルームのペーストで旨味を加えた、香り豊かなだし。

6

イタリア産の甘口の真っ赤なスパークリングワイン、ランブルスコを目の前でトポトポッとお鍋の中に注いでくれます。ポルチーニだしにワインを注ぐ、優雅なしゃぶしゃぶ体験ができるのは今だけ。お酒が苦手な人やお子さんがいる場合などは、ワインなしで注文できるのも嬉しい。

だしを沸騰させる&お肉の煮過ぎはNG! 沸騰する前にお肉を適度にしゃぶしゃぶして

2

・マンガリッツァ豚のカルビ

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy