ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎朝、午前10時までにやるべき「5つのコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝起きるのが時間ギリギリだと、その後の予定も常にバタバタしがち。突発的な“何か”が入ったときには、もうオシマイです。
そこで、「Power of Positivity」のこの記事をチェックしてみましょう。余裕を持ち、より生産的な1日を送るヒントになるかもしれません。

朝起きて生きる喜びを感じよう。
Byマルクス・アウレリウス

多くの人は、何度もスヌーズボタンを押し、ようやくベッドから出て、服を着る。そして、なんとなく一日がスタートする。

でも、これから紹介することに取り組めば、集中した状態で一日を始められるはず。気分が良くなり、生産性が上がり、寝る前に幸せを感じられるでしょう。

01.
スマホチェックの代わりに!
数分間の瞑想

瞑想を取り入れれば、落ち着いて1日を始めることができます。スマホに手を伸ばしてメールをチェックする代わりに、数分間座って静けさを感じましょう。
1日には膨大な数のタスクがあるからこそ、始まりは静かに。調子を整え、エネルギーを高めてくれます。

02.
また1日を始められることに
感謝する

「人生の中で唱えた唯一の祈り。それが『ありがとう』なら、それで充分だ」-マイスター・エックハルト

「感謝」の気持ちで1日をスタートさせよう。こうすれば、そのときだけでなく、1日を通して感謝の意識が高まります。問題が発生しても、別の視点で捉えるなど、柔軟に対応できるはずです。

03.
その日に達成すべき
“3つの目標”を設定

達成したい「3つの目標」に焦点を当て、1日の計画を立てましょう。そして、それらに優先順位をつけてください。しっかりと1日をプランニングすることで、より生産性が高まります。

04.
“余裕を持った”
スケジュールを立てる

1日の目的を定め、問題が起きても対応できる、余裕あるスケジュールを組みましょう。自由時間を含めてスケジュールを組むと、目標達成の可能性は高まると同時に、適度な休息を取ることも可能に。

05.
水分補給で
毒素を洗い流す!

目覚めたとき、人の身体は脱水状態気味。なので、朝一で水を飲むことは非常に重要なのです。ドナ・ゲイツ氏は著書『The Body Ecology Diet』で、朝10時頃までに1日に必要な水分の半分を摂取すべきと示しています。そうすれば、毒素を洗い流し、空腹感や頭痛を軽減できるのだとか。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

関連記事リンク(外部サイト)

栄養学のプロが暴く!健康についての「4つのウソ」
メンタルの強い人が、絶対口にしない「5つの言葉」。意外なセリフが続々と・・・
感情のコントロールが上手くなる「5つの習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP