ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Song Review: 古き良きアメリカのストリートを描いた傑作!マックルモア&ライアン・ルイス「ダウンタウン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年、世界中に「ハッピー」フィーバーを巻き起こしたファレル・ウィリアムスを筆頭に、マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク」や、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」で一躍注目を浴びたチャーリー・プースなど、生音重視のサウンドを起用するアーティストが、ヒットチャートを網羅する、昨今のミュージック・シーン。70年代風ファンクや、90年代のヒップ・ホップ感覚など、ホーンやブラス・セクションをうならす現代版ブラック・ミュージックの流行は、彼ら、マックルモア&ライアン・ルイスからはじまったといっても、過言ではないかもしれない。

 2013年、突如現れるや「スリフト・ショップ」が米ビルボード・シングル・チャート6週No.1をマークし、同年の年間チャート首位にランクインする大ヒットを記録。続く「キャント・ホールド・アス」も2曲連続で首位を獲得し、デビュー・アルバム『ザ・ハイスト』は200万枚を突破した。当時、まだEDMサウンドがチャートを荒らす最中でのこの曲の登場は、衝撃的だったというか、時代の移り変わりを感じたものだ。一気に飛躍した2013年から、昨年は彼らの活躍がみられないまま幕を閉じたが、この夏リリースした新曲「ダウンタウン」が、今チャートを急上昇している。

 リリース日は告知されていないが、おそらく2ndアルバムからの先行シングルとしてリリースされた「ダウンタウン」。8月末にリリースされてから、セールス、エアプレイ共に好調で、同時に公開されたビデオは、3000万回近い再生回数を記録している。エリック・ナリー、メリー・メル、クール・モー・ディー、グランドマスター・カズと多数のゲストを招き、70年代と90年代のサウンドを行き来するような、生音重視の新感覚のヒップホップ・サウンドに仕上がっていて、黒く深い。

 グラフィティやアフロヘア、旧型のスクーターなどが登場する、ウエストサイド・ストーリー風のビデオは、“ダウンタウン”をテーマにした古き良きアメリカのストリートが描かれていて、サウンドとの一体感は、聴いても観ても、楽しませてくれる。やや、「アップタウン・ファンク」を意識し過ぎた感は否めないが、それが二番煎じというわけでなく、彼ら独特の世界観を見事に表現できているから、茶々を入れるつもりはない。

 この「ダウンタウン」のクオリティの高さからも、マックルモア&ライアン・ルイスの2ndアルバムへの期待は、さらに高まる。おそらく、喧噪渦巻くタフなストリート感覚が楽しめるアルバムに仕上がることは予見できるが、「ダウンタウン」がサウンドのみならず、「アップタウン・ファンク」に続くモンスター・ヒットに至ることを、まずは期待したい。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

マックルモア&ライアン・ルイス ヒップホップ界のレジェンドたちと共演した新曲MVを公開
マックルモア&ライアン・ルイス、エド・シーランを迎えた新曲を期間限定無料リリース
マックルモア、同性婚合法化の翌日に結婚していた

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。