ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

日本初 3Dポータブルプレーヤー『COWON 3D』数量限定発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

COWON 3D

コウォンジャパンは、日本初となる3Dポータブルプレーヤー『COWON 3D』を数量限定で発売します。タッチパネルを搭載した4.8インチディスプレイで、いつでもどこでもメガネなしで3D動画を楽しめます。

『COWON 3D』は、サイドバイサイド方式の3D動画およびフルハイビジョン動画再生も可能なポータブル3Dプレーヤー。64GBの内蔵メモリーとSDカードで大容量のデータを扱うことができるほか、45時間の連続再生ができる大容量バッテリーを備えています。スピーカーも搭載していますので、さまざまなシーンで音楽や動画をシェアして楽しめそうです。

COWON 3D

39種類のエフェクトで多彩なジャンルの音楽を高音質で再生できる『Jet Effect3.0』と、原音に近いカタチで再現させる音響効果BBEを進化させたBBE+を標準で搭載。MP3、WMA、WAVなどのファイル形式はもちろん、無損失の可逆圧縮ファイル(FLAC)ファイルにも対応しています。区間リピートや50~200%の再生速度変更機能にも対応し、語学学習などにも活用できます。

COWON 3D

Wi-Fi対応でインターネットにも接続可能。外出先でちょっとした調べ物をしたり、ウェブメールをチェックしたいときにも便利です。カラーはホワイトのみ、サイズはW128×H82×D17.3mm、重さ232g。手のひらに載せて楽しめる3D動画プレイヤーとして、そして高音質な音楽プレイヤーとしてポケットに入れて持ち歩いてみたくなりますね。なかなか優秀価格は4万8800円(税込み)です。
 
 

■関連記事
ツインカメラと3D液晶搭載のAndroidスマートフォンがソフトバンクからも『AQUOS PHONE Softbank 006SH』として発売へ
『iPhone』で水中撮影ができる スウェーデン生まれの小型ケース『Krusell SEaLABox』
レトロなパンダカーを並べて積んで遊ぼう! 『パンダカーマニア』
人間の体を楽器にしちゃうコミュニケーショントイ『にんげんがっき』は6月30日発売へ
クラゲみたいなヘッドホン? エレコムがnendoとコラボした『オトクラゲ』を発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。