ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、Android Wearで初のLTE対応スマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG が LTE をサポートした初の Android Wear スマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition」を発表しました。LG Watch Urbane 2nd Edition は、今年 4 月に発売された「LG Watch Urbane」の後継モデルで、円型のメタルボディデザインは前作を継承し、スペックを強化したほか、Android Wear では初めて 3G / LTE よるデータ通信と音声通話が可能になりました。VoLTE 通話にも対応しています。LG Watch Urbane 2nd Edition では、ディスプレイが 1.38 インチに若干拡大しており、解像度は 480 x 480 ピクセルに向上しています。また、表示モジュールは P-OLED で、カバーガラスにはゴリラガラス 3 を採用しています。本体には 3 つのボタンを搭載しており、それぞれ、連絡先の検索、アプリ選択画面を表示、LG ヘルスアプリの起動を操作できます。カラバリも一新しており、LG Watch Urbane 2nd Edition ではスペースブラック、ルクスホワイト、オパールブルー、シグネチャーブラウンの 4 色展開となりました。リストバンドは「TPSiV Elastomer」材質が使用したものに変更しています。このほか、IP67 の防水・防塵にも対応しています。LG Watch Urbane の主要スペックは、1.38 インチ 480 x 480 ピクセルの P-OLED ディスプレイ、Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、768MB RAM、4GB ROM、9 軸センサー(加速度、ジャイロスコープ、コンパス)、気圧センサー、心拍センサー、570mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1、WCDMA / LTE、NFC に対応。LG は、LG Watch Urbane 2nd Edition の発売スケジュールや価格は公開していません。Source : LG

■関連記事
Google、米国のGoogle Playストアから第二世代「Chromecast」と「Chromecast Audio」の発送を開始
ビッグローブ、安全な電話かどうかを出る前に確認できるAndroidアプリ「あんしん電話フィルター」を提供開始
Android版Googleフォトがv1.6にアップデート、Chromecastや人物タグ等に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP