ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイカーが見つからない!? 駐車位置はスマホで確認を!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ショッピングセンターやテーマパークなどでたっぷりと楽しんだ休日。さて帰ろうと駐車場に戻ってきたものの、駐車場が広すぎて「自分のクルマの位置が分からない!」と冷や汗をかいた経験がある人も多いだろう。場所を示す標識の文字や数字をメモしておけばよいのだが、ついつい忘れてしまいがち。周囲の景色を覚えていても、夜になるとまるで昼間の印象とは変わってしまっていることもある。ましてや空港の駐車場などは、停めたのが何日か前で、さっぱり思い出せないこともある。


画像提供:Hammacher Schemmer社

そんなときに役立つのが、Automatic Parked Car Finder(オートマティック・パークト・カー・ファインダー)。一見、シガーソケットに挿すタイプのUSBポートに見えるが、その名のとおり、駐車したクルマの位置を見つけるためのガジェットだ。無料の専用アプリを自分のスマホ(iPhone)にインストールしておくと、エンジンを切るたびに自動的に時刻とGPSで取得した位置情報を伝えてくれるのだ。


画像提供:Hammacher Schemmer社

駐車場に戻ってアプリを起動すると、最後に受信したクルマの位置を地図上に表示してくれるので、画面を確認したら自分のクルマまで迷わずに向かうことができる。iPhoneとデバイスの通信はBluetoothなので、セルラーやWi-Fiの電波が届かない駐車場でも問題ない。停車時刻も記録されているから、時間制の有料駐車場に停めた場合にも役立つし、運転中にはスマホやタブレットの充電として活用できるのがうれしい。Hammacher Schemmer社のサイトにて49.95ドルで販売中だ。

クルマに取り付けられている既存のデバイスで位置情報が分かるものといえばカーナビがあるが、Automatic Parked Car Finderのような「自車の位置をスマートデバイスに伝えるサービス」が普及すれば、今後そのような機能がカーナビの基本機能に取り込まれていくかもしれない。

関連リンク

The Automatic Parked Car Finder

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP