ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

涙なくしては読めない 戦争の残酷さを描く野坂昭如の童話集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『戦争童話集~忘れてはイケナイ物語り~ 小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話』/野坂昭如・黒田征太郎/世界文化社/1728円

 日本軍の潜水艦をメスだと思って恋をした孤独なクジラが、悲劇に見舞われる表題作。家族の愛を軸に空襲と飢えの恐怖に迫り、著者の代表作『火垂るの墓』を思わせる「凧になったお母さん」。南洋の島で生死の境をさまよう日本兵が、故郷の家族を想う「ソルジャーズ・ファミリー」など、戦争を題材にした童話全12作を収録。涙なくして読めない物語ばかりだが、それが戦争の残酷さを際立たせている。

※女性セブン2015年10月15日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
片山さつき氏 財務省時代に領海防衛に必須の潜水艦削減要求
自衛隊「最新装備」実は世界最高レベルで中国軍丸裸にできる
世界で唯一地上に展示された巨大潜水艦! その操舵室を公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。