ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TAG Heuer、同社初のAndroid Wearスマートウォッチを11月9日に正式発表する予定、価格は$1,800程度と伝えられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイスの高級腕時計ブランド TAG Heuer は、同社初の Android Wear スマートウォッチを 11 月 9 日に正式発表する模様です。米国メディアの CNBC が LVMH の CEO である Jean-Claude Biver 氏にインタビューしたところ判明しました。TAG Heuer が発売予定の Android Wear スマートウォッチは「Carrera Wearable 01」と呼ばれており、Intel プロセッサを搭載するほか、40 時間のバッテリー使用時間であることが伝えられています。CNBC によると、Biver 氏は Android Wear スマートウォッチの価格について、$1,800(約 22 万円)程度ということも明らかにしたそうです。今年 8 月の時点で価格は $1,400(約 17 万円)程度とされていたので、かなり値上がりしています。もはや私のような庶民では手出しできないレベルの金額です。Biver 氏は、20 万超えとなる Carrera Wearable 01 の価格について、当初は高額過ぎるのではと心配していたそうなのですが、Apple から $1,500 以上でも売れるだろう、という助言を受け、この価格で出すことに決定したという話も伝えています。Apple は $1,099 の Apple Watch モデルや $17,000 の Apple Watch Edition を販売しています。これらは好調なのでしょうか。Source : CNBC

■関連記事
Google、Nexus 5X / 6Pに「Sensor Hub」を実装
Android 6.0では音声コマンドによるアプリの操作が可能に
NVIDIA、10月1日に「SHIELD」のアップデートを実施、GeForce Nowやシアターサウンド機能を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP