ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Nexus 5X / 6Pに「Sensor Hub」を実装

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は昨日発表した新型 Nexus スマートフォン「Nexus 5X」と「Nexus 6P」に、「Sensor Hub」と呼ばれるメインプロセッサとは別の小型プロセッサを搭載しました。Sensor Hub は、端末内蔵の各種センサーをモニタリングするほか、センサーデータを処理して動態検出といった機能を提供する低消費電力な電子部品です。従来はメインプロセッサが行っていた処理の一部を Sensor Hub が肩代わりすることになるので、センサーデータの処理などでメインプロセッサがブートアップすることを軽減し、端末全体の消費電力を抑えることができます。Sensor Hub は Nexus 5X と Nexus 6P にセンサーとして実装されています。Sensor Hub の搭載によって、端末をポケットに入れてランニングを開始したことやテーブルの上に置いてあるスマートフォンを持ち上げるような動作をメインプロセッサをアイドルに近い状態のまま検出することが可能になります。機能的には Motorola Computing System や Apple が iPhone 5s 以降に搭載している追加チップと同じのようです。Source : GoogleSlashGear

■関連記事
Android 6.0では音声コマンドによるアプリの操作が可能に
TAG Heuer、同社初のAndroid Wearスマートウォッチを11月9日に正式発表する予定、価格は$1,800程度と伝えられる
NVIDIA、10月1日に「SHIELD」のアップデートを実施、GeForce Nowやシアターサウンド機能を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。