ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

海外旅行保険は必要?加入すべき理由とおすすめ保険トップ5

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo credit: Yukiko Aono「マザー・テレサのボランティアからまさかの入院!!波瀾万丈のインド旅~コルカタ編~」

Photo credit: Yukiko Aono「マザー・テレサのボランティアからまさかの入院!!波瀾万丈のインド旅~コルカタ編~

TRiPORTライターのさとりんです。
全く知らない国への旅行。行きなれている国でも、旅行先でなにがあるかなんてわかりません。 突然病気や事故にあったり、トラブルに遭遇したり、トラブルによっては、あなたが加害者になってしまうことも!
旅行先で何かあってからでは遅すぎます。
そのためにも海外旅行に行く際には、保険に加入しておきましょう。
そこで、今回は海外旅行保険をおすすめする理由と保険会社や申し込み方法の比較をご紹介します。

海外旅行保険をおすすめする理由

旅行に行く時に、海外旅行保険に加入しない人もいますが、実際海外旅行中に何らかのトラブルや病気、事故にあった人は年間で2万人弱います。これは、2013年の渡航者数(1747万2748人)の約4%の方が旅行先でトラブルにあっていることになります。4%というと少なく感じますが、約27人に1人がとトラブルに遭遇しているといえばどうでしょう。決して少ない人数ではありませんよね!
海外でのトラブルは誰もが起こしたくて起こすものではありません。突然、誰の身にでも起こりうるものなので、しっかりとトラブルに備えましょう。

おすすめポイント その1

日本にいるときのように健康保険が使えるわけではありません。
生命保険や医療保険に加入していても、旅行先によって医療費の負担額はそれぞれなので、多額の医療負担が必要になってしまう場合があります。その場合、生命保険や医療保険からの給付額では足りないということもでてきます。その他にも医療費をその場で病院に立替え払いしなければいけないときに、海外旅行保険に入っていれば対応してもらうことができます。

おすすめポイント その2

もしも病気や事故で身動きが取れないほどの状態になってしまい、日本から家族などに迎えに来てもらうとなると、それも大きな費用の負担になります。そんな時に海外旅行保険に入っていれば救援者費用というもので対応できます。

おすすめポイント その3

ただでさえ病気などで、精神的にも弱っているのに、母国語でない言語で自分の状況を説明しなくてはならなかったり、近くに家族や友人がいなかったり、法律や文化が日本とは違う国での治療は不安でいっぱいだと思います。海外旅行保険では、怪我や病気、それ以外にも旅行に関するトラブルの時にいつでも日本語で対応してくれるサービスがあります。

おすすめポイント その4

海外は日本に比べるとスリの被害にあう人がとても多いです。もし旅行先でお財布やかばんをすられてしまったら! そんな時に損害額を負担してもらえるサービスがあります。

おすすめポイント その5

旅行先で買ったものが破損していたり、盗難品だったり、おもわず物を壊してしまったときなどにも対応可能なサービスがあります。

おすすめポイント その6

空港で預けた荷物が行方不明になってしまったり、到着が遅れた場合、その間に必要な身の周り品等を購入した費用を補償してもらえます。

おすすめポイント その7

飛行機の遅延や欠航で代替機を利用できない時に、宿泊費・食事代などの費用の保障をしてくれる保険もあります。

おすすめポイント その8

海外旅行中の治療費などは、提携病院であれば保険会社が直接支払ってくれるため、突然の事故や病気でもお金の心配をしなくても大丈夫です。(メディカルキャッシュレスサービス)

海外旅行保険が付帯のクレジットカードがあれば大丈夫?

クレジットカードの中には海外旅行保険がついているものがありますが、実はそれだけでは大きな不安が残ります。
クレジットカード付帯の海外保険といってもいろいろとあるので、お持ちの海外保険の内容をもう一度きちんと確認する必要があります。

気をつけたいコト その1

一般的なクレジットカードは「死亡・後遺障害」の補償額を提示しているところが多いですが、実際最も多い海外旅行保険の利用内容は「障害、疾病」です。
しかし、クレジットカードに付いている海外旅行保険では、「死亡・後遺障害」の保険費用は高いけれど、「障害、疾病」の保険金額は低いということが多く、一番必要性が高いものがサポートしてもらえないとうことがあります。最悪、死亡時のみに保険が効き、生きている間は保険料が支払われないというケースもあります。
また、海外によって、治療費や診察費などが違ってくるので、1枚のクレジットカードの保険金額ではまかなえないことがあるので、海外旅行保険付きのクレジットカードを数枚持っていく必要があります。
例)
・初診料:
ロサンゼルス 約1.8万円
日本 約2700円
・入院時の部屋代
ロサンゼルス 約16万円
日本 約1.7万円

気をつけたいコト その2

生命保険会社の海外旅行保険についてくる内容でも、クレジットカードに付いている海外旅行保険では対象外の保険もあります。上記のおすすめポイント その6,7の、飛行機の遅延や欠航時の補償や、空港で預けた荷物の補償などはついてないことが多いので確認しましょう。

気をつけたいコト その3

メディカルキャッシュレスサービスが受けられるかどうか。このサービスが受けられないクレジットカードも存在するので、確認しましょう。

気をつけたいコト その4

キャッシュカードの海外旅行保険には自動付帯と利用付帯いう二種類があり、利用付帯では海外旅行先でカードを利用しないと補償が受けられないものがあるので、気をつけましょう。自動付帯であれば大丈夫です。

気をつけたいコト その5

海外旅行保険の有効期限の確認。海外旅行保険は一般的には90日ですが、クレジットカードに付いている海外旅行保険の場合、まれに60日のものがあります。

プチまとめ

海外旅行保険はどんなときに、どれだけ補償されるかが一番大切です!
特に治療費用保険と携行品損害保険は内容を確認し、入っておくことがおすすめ!

こんな場合は特に保険会社の海外旅行保険がおすすめ!

① 海外旅行の経験が少ない方、スリ・置き引きなどが多い国に行かれる方
スリや置き引きなどの被害が多い場所(フランス、イタリア、スペインなど)では、海外旅行保険の使用率もかなり高くなっています。特に海外旅行経験が少ない方は、日本と同じような感覚で旅行に行くと、スリ被害にあいやすいので、保険会社での海外旅行保険加入をおすすめします。
② 衛生状態が良くない国に行くとき
よくインドやタイ、中国、エジプトに行って、旅行先でお腹を壊したという話を聞いたことがありませんか? 向こうの腹痛は細菌性による腹痛なので、抗生物質が必要になります。そのため病院に行ったり、医者に診てもらう必要があるので、安心できる様々なサポートがついた保険会社の海外旅行保険をおすすめします。
③ 政情が不安定な国に行くとき
暴動やテロにによって、空港が閉鎖され帰国ができなくなってしまう可能性もあります。保険会社には、テロなどのトラブルにも対応してくれるところもあるので、探してみましょう。
④ 訴訟をよく起こす国に行く時
海外では、ちょっとしたことでも訴訟を起こす国があるので、なにか問題が起きた時に弁護士費用を負担してくれる保険会社のサービスや日本語でのトラブルの対応をしてもらえる海外旅行保険に入っておくと安心です。

海外旅行保険の申し込みツールの比較

旅行代理店店頭
●メリット
・ツアーやその他の旅行の申し込みついでに一緒に申し込みができ、海外保険会社の方が保険の手続きをしてくれるので、手間がはぶける。
・トラブルが発生した時に、煩雑なやり取りを仲介してもらえる。
●デメリット
・インターネット申し込みに比べると、手数料なども加わり値段がかなり高い。
・海外旅行保険のプランが少ない。
・当日申し込みができない。
・勧められるがままに、いろんな損保の保険に加入させられる心配がある。
空港
●メリット
・出発日でも申し込みができる。
・専用端末を使用する場合、対面式ではないため煩わしさがない。
●デメリット
・インターネットでの申し込みに比べて、値段がかなり高い。
・空港内で、申し込みのカウンターを探したり、動きまわるのが大変。
・空港に到着するのが遅れた時に、申し込みの手続きをする時間が無くなって加入することができない恐れがある。
・自宅から空港までの間の保険がきかない。
・専用端末の場合、タッチパネルでの住所などの打ち込みが必要になるので、タッチパネル入力に慣れていない場合に時間がかかる。
インターネット
●メリット
・直接店舗へ行く必要がなく、24時間いつでも申し込むことができる。
・出発日でも申し込みができる。
・旅行会社や空港で海外旅行保険に加入するのに比べて、かなり格安。
・保険会社によってはネット限定で特別割引を行っているところもある。
・1日毎の加入期間の設定ができ、自分に必要な保険だけに加入することができる。
●デメリット
・クレジット支払いのみの保険会社が多い。
・パソコンが苦手な人は、申し込みに不安を感じる。
・旅行内容、旅行先などを自分で考慮してプランを選ばなけばいけない。
・スタッフとの対面方式ではないので、間違ったプランで申し込みをしてしまう恐れがある。

おすすめのインターネット申し込みでの海外旅行保険ランキング

1. 三井住友海上「ネットde保険@とらべる」

●特徴・メリット
・保険料が安く、サービスが手厚い
旅行会社や空港で申し込む海外旅行保険に比べ、半額ぐらい安い保険料です。
・リピーターには、さらに割引をプラス
三井住友海上「ネットde保険@とらべる」の特徴で、他の保険会社にはないサービスです。一度保険の申し込みをし、2年以内に再度申し込みをした場合、保険料が5%割引になるというもの。
・メディカルキャッシュレスサービスあり
その他にも病院の予約をしてもらうことも可能。
・24時間日本語での電話対応あり
・オプションでペット預り延長費用をつけることもできる。
・様々なケースに対応した保証がある
弁護士費用の保証、テロなどでおきたトラブル費用、緊急歯科治療費用などがついています。
・国内の大手損害保険会社である。
●保険料例
個人セットプラン タイプA
旅行期間:3日間
旅行先:韓国
基本料金:1580円/リピーター割り:1510円

契約プラン
保険金額

傷害死亡
1000万円

傷害後遺傷害
1000万円

疾病死亡
1000万円

賠償責任
1億円

携行品損害
30万円

航空機寄託手荷物遅延等費用
10万円

緊急歯科治療費用
あり

弁護士費用等
100万円

テロ等対応費用
10万円

●人数プラン
個人、夫婦、家族プラン
主に「個人プラン」と「ファミリープラン」に分けられます。そして個人プランでは、さらに「セットプラン」か「フリープラン」を選択することができます。セットプランとは、もともと保障内容がセットになっているもので、フリープランは自分で自分にあった保障内容を自由に組み合わせるものになっています。
●目的
観光、商用、ワーキングホリデー、留学に行かれる方
特に1~2年に一度、旅行や出張に行かれる方に人気
●公式サイト
三井住友海上「ネットde保険@とらべる」
●お問い合わせ
0120-988-181(無料)
81-476-55-1467(海外からのお問合せ/有料)
(受付時間 9:00~17:00)
※年末・年始は休業

2. ジェイアイ傷害火災「t@biho」

●特徴・メリット
・長期間海外に行く方にも対応
旅行や仕事にも適しますが、ワーキングホリデーや駐在など、長期間海外に滞在される方にも対応してくれます。
・JTBグループで安心
国内最大手の旅行会社と同じグループであるジェイアイ傷害火災保険のインターネット専用の海外旅行保険です。
・旅行キャンセル費用、旅行中断費用をオプションで付けることができる。
旅行日程の変更や、旅行がキャンセルになり、海外旅行保険の契約を取り消したい時などに対応してくれる保障がつけられます。
・大人数での契約をまとめてすることができる。
家族でなければまとめて契約できないことが多いですが、観光や仕事で訪問する場合、ジェイアイ傷害火災の「t@biho」では家族や友人の方10人分までをあわせて契約することができます。
・メディカルキャッシュレスサービスあり
・24時間日本語での電話対応サービスあり
・様々なケースに対応した保証がある
弁護士費用の保証、通訳者の紹介などがついています。
・出発日当日の申し込みが可能
●保険料例
グループ旅行で3人
旅行期間:3日間
旅行先:韓国
一人当たり:1390円(保険料節約プランの場合)

契約プラン
保険金額

傷害死亡
1000万円

傷害後遺傷害
1000万円

疾病死亡
1000万円

個人賠償責任
1億円

携行品損害
30万円

航空機寄託手荷物遅延費用
1万円

●人数プラン
個人、夫婦、家族、グループ(10人まで)
●目的
観光、商用、留学、ワーキングホリデー、駐在など、長期間の海外に行く方
●公式サイト
ジェイアイ傷害火災「t@biho」
●お問い合わせ
https://tabiho.jp/tb/ContactStart.do

3. 損保ジャパン日本興亜「off!」

●特徴・メリット
・国内大手の損害保険会社が提供している海外旅行保険なので安心。
・保険料が安い。
・事前加入すると保険料が40%割引になる場合がある。
・自分の旅行プランにあった保険を組める。
海外旅行先、日数、保障内容を細かく指定することが可能なため、自分にぴったりの保険を組むことができます。
また、お持ちのクレジットカードに付いている保険に上乗せさせることや、クレジットカードの保険についてない保障をつけたりすることも可能です。
・出発当日でも保険の申し込みが可能。
・メディカルキャッシュレスサービスあり。
・24時間日本語対応サービスあり。
●保険料例
個人プラン
旅行期間:3日間
旅行先:韓国
一人当たり:1500円

契約プラン
保険金額

傷害死亡・障害後後遺障害
1000万円

疾病死亡
1000万円

治療費用
1000万円

個人賠償責任
1億円

携行品損害
30万円

航空機寄託手荷物遅延費用(基本的には荷物関連のみ)
10万円

●人数プラン
個人、夫婦、家族
主に「個人プラン」「ファミリープラン」「カップルプラン」3つのプランに分けられます。そして個人プランでは、さらに「おすすめタイプ」か「オーダーメイド」を選択することができます。おすすめタイプとは、もともと保障内容がセットになっているもので、オーダーメイドは、自分にあった保障内容を自由に組み合わせるものになっています。
●目的
観光、商用、ワーキングホリデー、留学、駐在に行かれる方
●公式サイト
新・海外旅行保険【off!(オフ)】
●お問い合わせ先
0120-666-756
(受付時間:平日 午前9時~午後8時/土・日・祝日 午前9時~午後5時)
※12月31日~1月3日は休業

4. エイチ・エス損保「スマートネッとU」

●特徴・メリット
・保険期間を延ばすことが可能。
インターネットで海外からでも、保険期間を延長することができます。(最長92日間)
・携行品損害の補償内容の充実を
他人から借りた物であっても携行品損害の補償対象になります。また、破損してしまった携行品と同じ質、用途、型、能力、規模などを新たに購入するのに必要な額を損害額として受け取ることができます。(損害品1つにつき10万円まで)
・24時間日本語の電話対応サービスあり
・メディカルキャッシュレスサービスあり
・旅行の目的地ごとに保険料を設定することができる。
・保険金は必ず15日以内に支払われる。
保険約款で請求完了から保険金が支払われるまで15日間と定めている。
●保険料例
個人プラン
旅行期間:3日間
旅行先:韓国
一人当たり:1320円

契約プラン
保険金額

傷害死亡
1000万円

障害後遺障害
1000万円

疾病死亡
1000万円

治療費用
1000万円

救援車者費用
1000万円

個人賠償責任
1億円

携行品損害
30万円

航空機寄託手荷物遅延費用(基本的には荷物関連のみ)
10万円

●人数プラン
個人、夫婦、家族(6人まで)、グループ(10人まで)
●目的
観光、商用で行かれる方
●公式サイトエイチ・エス損保「スマートネッとU」
●お問い合わせ
インターネット契約に関する問い合わせ:
0120-935-301(受付時間10:00-18:00)※土日・祝日・年末年始を除く

5. AIU保険会社「AIU保険」

●特徴・メリット
・世界中で展開している保険会社であること。
・メディカルキャッシュレスサービスあり
提携病院の数はアメリカを中心に世界で55万カ所以上あります。
・24時間日本語での電話サービスあり。
・治療・救援費用を無制限に設定可能
保険料はやや高めではありますが、支払限度額を無制限にできるプランもあります。
・当日でも海外旅行保険に入ることができる。
・出発前の病気や疾病の応急治療の費用の補償あり。
それ以外にも、妊娠初期の急な治療や救援費用なども補償してもらえる。
・緊急歯科治療費用の補償あり。
・ワーキングホリデーや留学専用のプランがある。
基本的な有効期限は1年間ですが、留学専用のプランは2年間保障され、それ以上の滞在の場合でも、別途1年毎の更新手続きをすれば延長可能になります。
(注:インターネットでの契約の場合の保険期間は、最長1年間)
・旅行事故緊急費用の補償あり。
交通費、宿泊施設の客室料、渡航手続日、旅行先の各種サービスの取消料、食事代、通信費などで、予期せぬ事故にあった際に支払われる補償です。
●保険料例
個人プラン
旅行期間:3日間
料金:3570円

契約プラン
保険金額

傷害死亡
1000万円

障害後遺障害
30~1000万円

疾病死亡
500万円

治療・救援費用
2000万円

個人賠償責任
1億円

携行品損害
20万円

旅行事故緊急費用
5万円

緊急歯科治療費用
10万円

●人数プラン
個人、夫婦、家族プラン
渡航目的別プラン
個人プランでは、さらに「セットプラン」か「フリープラン」を選択することができます。おすすめタイプとは、もともと保障内容がセットになっているもので、オーダーメイドは、自分にあった保障内容を自由に組み合わせるものになっています。
●目的
観光、商用、ワーキングホリデー、留学、駐在で行かれる方
●公式サイト AIU保険会社「AIU保険」
●お問い合わせ
03-5611-0874
(受付時間:9:00-17:00 土・日、祝日、年末年始を除く)

おわりに

海外旅行は楽しむのが一番! 旅行に行く前から、旅行先でのトラブルなどの暗いことを考えたくないと思われる方もいらっしゃると思いますが、旅行先で安心して観光できるように、海外旅行保険は加入しておきましょう。いざという時に助けてくれるお守りのような存在になってくれる思います。
帰国後に「結局保険使わなかったし、入る意味あったのかな」なんて言わないで。「保険使わなかったね」と、笑顔であなたが帰ってくることが一番ですから。

ライター :Satoko Sumitomo
Photo by: Yukiko Aono「マザー・テレサのボランティアからまさかの入院!!波瀾万丈のインド旅~コルカタ編~

関連旅行記

*Yukiko Aono「マザー・テレサのボランティアからまさかの入院!!波瀾万丈のインド旅~コルカタ編~
*Hideaki Matsumoto「ナミタビ 満員電車で思い出し泣きした40日間の旅(タイ(カオサン・チェンマイ・パーイ編)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。