体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生産量日本一を誇る「佐賀のり」の最強においしい食べ方をプロに聞いてみた! 

f:id:naruse_e:20150924221008j:plain

みなさんは「ごはんの友」と聞いて真っ先に何を思い浮かべますか? 筆者は海苔です。日本での主な産地は、宮城千葉伊勢湾、瀬戸内海などがありますが、もっともメジャーなのは、佐賀の有明海で養殖される佐賀のり」ではないでしょうか。

佐賀のりは全国の生産量の40%を占め、品質・生産高ともに12年連続日本一。豊かな有明海で育んだ佐賀のりは非常に美味で、一部コンビニのおにぎりで採用されたり、贈答品として選ばれたりするなどブランド力も抜群です。

 

そんな佐賀のりのポテンシャルをさらに引き出す、「最強においしい食べ方」があるのをご存知ですか? 今回は佐賀県有明海漁業協同組合の“中の人”に、佐賀のりのおいしい食べ方から、佐賀のりの見分け方まで、根掘り葉掘り聞いてみました。

 

今すぐ食べたくなる「佐賀のり」おいしさの秘密

f:id:naruse_e:20150924221044j:plain

――有明海で養殖される佐賀のりは、なぜ質・量ともに日本一なのでしょうか?

1つめの理由は、有明海が複数の大きな川から養分がたっぷり注がれる栄養豊富な海だから。河川水と海水が混じりあうことで、塩分濃度が低くなり、柔らかくくちどけのよい海苔ができあがります。

2つめは、海に支柱を立ててその支柱に網を張ることで、潮が満ちているときは海の栄養分をつめ込ませ、潮が引いたときは光合成を促す生産方法をとっているから。他地域で主流の浮流式養殖よりも手間がかかりますが、有明海の激しい干満差を活かしておいしい海苔を作っているのです。

 

f:id:naruse_e:20150924221117j:plain

佐賀県有明海漁協の梅本さんによると、佐賀のりは口にしたときの歯切れがよく、口溶けは柔らか。またとろけるような甘さとうま味があり、最高の香りも楽しめます」とのこと。さらに焼くことでアミノ酸と糖質が熱に反応し、最高の香りが楽しめるそうですよ。

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。