ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肌が主役。なりたいのは、誰もが思わず振り返る「神肌」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日メイクするなかでベースメイクが決まらないと、どんなにアイメイクをがんばっても、テンションがアガらない……。
私は、乾燥が気になるので涼しくなるとファンデーションをリキッドタイプに変えるのですが、どうしても厚塗り感が出てしまうのが気になっていたんです。そこで、秋冬のベースメイクを求め、表参道で開催されたイヴ・サンローラン・ボーテ「YSL Beaute LUMIERE DIVINE」へ行ってきました。

ベースをキレイに仕上げる、それだけで充分


イベントでは、YSL BeauteのシニアメイクアップアーティストのJO TAKAHASHIさんが、すれ違うと誰もが振りかえらずにはいられない「神肌(ディバイン スキン)」を作るコツと、今季のベースメイクのトレンドを紹介してくれました。
JOさん曰く、2015年秋冬のベースメイクのポイントは「軽さ」

作り込みすぎない、リラックス感がとっても重要です。さらにそこに輝きをプラスすることでより美しく魅力的になります。しっとりしたつけ心地にプラスして、サラッとしたシックな感じを出すことで、秋冬のムードをメイクから演出できます」

何層にも重ねたベースメイクよりも、さらっとベールをまとったような肌がこれからのトレンド肌になりそう。しかし、ベースメイクを作る上で、「輝き」を出すにはどうしたらいいのでしょうか。

光を味方につけて、肌をワンランクアップ


ファンデーションで整えた肌に、さらに輝きをプラスするには、もうひと手間が重要になります。顔のなかで光を集めて輝きオーラを出したい部分を立体的に見せることでツヤ感のある神肌を作ることができるみたい。

「頬骨からこめかみにかけてのCゾーン、鼻の上、口の上にハイライトを入れることで、そこに光が集まりどこから見ても輝くオーラをまとうことができるんです」

ベースメイクがキレイだと、それだけでメイクが完成した気持ちになります。
ラディアント タッチ ルミエルディバイン(限定品/5,800円)
ハイライトを重ねると、どうしても厚塗り感が出てしまうのですが、イヴ・サンローランのラディアント タッチ ルミエルディバイン(ハイライター)を使うと、薄付きなのに、しっかりと光の輝きを肌にもたらしてくれます。ヌーディゴールドのパールが、神肌のポイントである輝くツヤ肌作りに一役買ってくれます。

さらに、メイクに立体感をつけるためにチーク選びもひとつのポイント。この秋、JOさんの注目カラーは「オレンジ」と「ブラウン」
「ブラウン」はシャープな印象を出したいとき、「オレンジ」はかわいらしい印象を出すときにチョイスします。ハイライトで光を集めるパーツをはっきりさせたので、チークで陰影を作るイメージです。
肌をより魅力的に見せたいときは、ほかのパーツはあえてナチュラルに仕上げるのが、JO TAKAHASHIさん流。

さらりとした触り心地の神肌を作るアイテム

この秋なりたい、「神肌」は作りこまずに簡単にできるのがポイント。そこで、肌が主役のメイクを作ることができるアイテムがイヴ・サンローランから2015年9月18日(金)に新登場しました。

ラディアント タッチ ブラープライマー(30ml/6,300円)
均一でなめらかな透明肌を叶えてくれる、メイクアップベースです。キラキラとしたパッケージは、まさに神肌を叶えてくれそう!
パール入りですが、パールひとつひとつがとても細かいので自然な立体感が生まれます。べたつかない軽いジェルで、肌なじみは抜群。4種の美容オイルが潤いも与えてくれるので、神肌を1日キープするには欠かせないアイテムです。
ベースメイク次第で、1日のテンションは決まると言っても過言ではありません。作り込みすぎない、シックなトレンド肌を作り、メイクを秋冬モードに衣替えしたいと思います。
イヴ・サンローラン・ボーテ
お問い合わせ先:03‐6911‐8563
※すべて税抜
(岩瀬智世)


(グリッティ)記事関連リンク
つけるのはもう飽きた! いま私が欲しいのは、ナチュラルで美しい自分のまつ毛
外見も内面も美しい! 目指すべきは「中国美女」
あえての「だらしなさ」がキュート。アリアナ・グランデ流リップメイク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP