ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

華原朋美、20周年ツアー・ビルボードライブ・MV集の3番組をWOWOWで一挙放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年、デビュー20周年を迎えた華原朋美。1995年にCDデビューを果たし、数々の大ヒット曲を送り出し、一世を風靡した。2012年の活動再開後はライブやリリースなど積極的な活動で話題を集めているが、華原のアニバーサリーイヤーを記念し、WOWOWで10月4日ライブ2番組とミュージッククリップ集の3番組を3時間半にわたって放送する。

この一挙放送を前に、華原が番組の見どころについて語った。

デビュー20周年を記念して展開された全国ツアーから、東京公演の模様を収めたメモリアルライブ「TOMOMI KAHARA 20th Anniversary TOUR KAHARA’s HISTORY @19952015」。キャリアの集大成となるステージだけに、華原自身もさまざまな面にこだわりぬいたという。

「今までアンコールで披露していた曲を最初に持ってきたり、ステージ上に過去の映像を流したり、新たな趣向に挑戦しました。観客の皆さんが引き込まれていく表情を目の当たりにできて私自身も感動しました」

「keep yourself alive」「I’m proud」など大ヒット曲の熱唱はもちろん、アコースティックセットによるカバー曲「DEPARTURES」など、華原の魅力あふれるライブとなっている。

デビュー記念日にビルボード東京で行なわれた一夜限りのスペシャルライブ「『デビュー20周年記念LIVE』at Billboard Live TOKYO」。こちらはリラックスした表情が印象的だ。

「ステージと観客席との距離が近いので、自然体で歌うことができました。20年の重みを伝えるというのではなく、皆さんと一緒に楽しく過ごしたいという思いで臨んだライブです」

この冬リリースされる「MEMORIES」シリーズ第3弾に収録されるglobe「Feel Like dance」、シャ乱Q「ズルい女」、大黒摩季「ら・ら・ら」も初披露された。

「つんくさんの歌い方が大好きで、保田圭さんと一緒にカラオケに行って研究しました。結局、2人でどうしたらいいんだろうね…と考えこんで終わってしまったんですけど(笑)」

この日のハイライトとなったのが「ら・ら・ら」。パワフルな歌唱で会場に一体感を生み出した。

「大黒さんの歌声に憧れていました。とても盛り上がったので、テレビを見ている方も一緒に口ずさみながら見てほしいです」

「華原朋美 Music Video Collection」では、そのキャリアをミュージッククリップで振り返る。

「懐かしさとともに、映像がつくり出す圧倒的な世界観を味わってほしいです」

華々しく音楽シーンに登場し、活動休止を経て精力的に活動する現在。

「私自身、ずっと歌をあきらめられなかったので、今ステージに立つことができていることに心から感謝しています」

華原の歌は表現力が増し、磨きがかかったと評されている。

「経験が邪魔をするときもあれば、経験が私を活かしてくれるときもあります。葛藤を抱えながらも、歌う喜びを実感している“今”の私の姿を見てもらえたら。3つの番組はそれぞれ世界観が異なるので、見てくださる方の心に挫折、立ち直り、喜びなどのテーマが浮かんで、一瞬でも心を寄せてくださったら嬉しいです」

番組情報
華原朋美20周年記念!3時間半スペシャル
「華原朋美 Music Video Collection」  
放送日:10月4日(日)夜7:30[WOWOWライブ]

華原朋美「デビュー20周年記念LIVE」at Billboard Live TOKYO   
放送日:10月4日(日)夜8:15[WOWOWライブ]
収録日:2015年9月8日 / 収録場所:東京・ビルボードライブ東京

華原朋美「TOMOMI KAHARA 20th Anniversary TOUR KAHARA’s HISTORY @19952015」
放送日:10月4日(日)夜9:30[WOWOWライブ]
収録日:2015年7月19日 / 収録場所:東京・NHKホール

番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/tomomikahara/

関連リンク

華原朋美 オフィシャルサイトhttp://sp.tomomikahara.com/
華原朋美 レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/kahara-tomomi
■華原朋美 オフィシャルtwitterhttps://twitter.com/kahara_memories

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP