体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユニバーサルミュージックと広告会社Havas、ブランディング特化のレーベル「Pop Records」共同創設

エンタメ
ユニバーサルミュージックと広告会社Havas、ブランディング特化のレーベル「Pop Records」共同創設

ユニバーサルミュージックと広告会社Havas、ブランディング戦略に特化したレコードレーベル「Pop Records」を共同創設

ユニバーサルミュージック・グループと広告エージェンシー・グループHavasは、音楽とマーケティングをブランドに提供する新しい形のレーベル「Pop Records」を立ち上げる。AdAgeがレポートしている。

ユニバーサルミュージックと世界に拠点を置く広告会社グループHavasの傘下にある広告エージェンシー「BETC」と共同でPop Recordsを運営し、ブランドとアーティストのパートナーシップを活用したマーケティングをグローバル規模で展開していく。Pop Recordsはパリに拠点を置き、ローリング・ストーンズやラナ・デル・レイなどをリリースするポリドール・レコードのサブレーベルとなる。両社は年内にアーティスト第一号との契約を目指し交渉を開始している。

Pop Recordsは、BETCの副社長Fabrice Brovelli、BETCのクリエイティブ・ミュージック・ディレクターChristophe Caurret、BETCの音楽戦略プランナー兼ブランド・パートナーシップ・マネージャーIsabelle Tardieuが立ち上げメンバーとなる。BrovelliとCaurretは過去にエールフランスとケミカル・ブラザーズ、ジョルジュアルマーニとラ・ルー、EvianとQueenになど、アーティストとブランドによるコラボレーションを実現させてきた。またTardieuは広告業界以前にはワーナーミュージック・フランスのブランドマネージャーを務めていた人物だ。

ポリドール・レコードのマーケティング・ディスレクターNicolas Pelletは、「広告エージェンシーが参加することによって、我々のマーケティングをさらに強化することが可能になる。レーベルの方向性はエージェンシーが決めていくだろう」と答え、運営方針がレコード会社主導ではなく、スポンサー契約やブランド提携を引き出すエージェンシーに主導権があることが伺える。

今後Pop Recordsでは、BETCが運営するポップ・カルチャー・クリエイティブ専門のエージェンシーBETC POPと連携しながら、アーティストとブランドがコラボレーションするためのコンテンツ開発やメディア戦略に取り組む。

アーティストとブランドのパートナーシップには、製品やサービス、企業メッセージをコミュニケーションしたい企業にとって、新しいマーケティング手法として世界的に注目を集めている。またSpotifyなど音楽サービスも、音楽にデータやデジタルマーケティングを組み合わせたマーケティングを企業と共に行っている。IEG Sponsorshipのレポートによれば、2015年に北米企業は音楽スポンサーシップへ過去最高となる14億ドル(約1680億円)を投資すると推測されている。これは2014年から4.8%増加している。

日本では、音楽とブランド、広告といえば、「タイアップ」や「スポンサーシップ」というイメージが強い。そのため、Pop Recordsに似たレコード会社とマーケティング会社のコラボレーションやブランドパートナーシップが実現することは少ない。しかし別の見方をすれば、タイアップがこれだけ多い国も珍しいと感じるし、その分ニーズが多いと思う。まだ日本では音楽とブランドが実現するためのハードルが多いと思うが、タイミングとして音楽ストリーミングサービスへの注目やスマートフォンでの音楽視聴など、今は音楽ビジネスが大きな変革期を迎えていることを考えると、両者の関係も今後すぐに変わるのではないか?

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会