ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「英語を話したい学生」と「お喋りしたいお年寄り」をマッチングする英会話サービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外国語の最も有効な上達方法は、留学や旅行を通じて現地に住む人と実際に会話をすることだ。が、それを実行するのはなかなか難しい。しかし、そんな問題をスマートに解決してくれるサービスがある。

「若者」と「お年寄り」を
マッチングした英会話

ブラジルの学生たちは悩んでいた。「生きた英語を話したい。でもそういう場に巡り会えない」。一方、アメリカ・シカゴの老人ホームに住んでいるお年寄りも同様に悩みを抱えていた。「時間を持て余していて退屈だ。話し相手が欲しい」。

ブラジル・サンパウロの語学学校「CNA English School」はこの両者の問題に目を付けた。

「英語が話したい学生」と「話し相手が欲しいお年寄り」彼らを繋げれば、両者の問題が解決出来るのではないか?

そこで、ブラジルの広告代理店「FCB」に提携を依頼。新しいプロジェクト「Speaking Exchange」を立ち上げ、インターネットを通して学生とお年寄りがビデオ・チャットを出来るシステムが完成した。

ウィンウィンの関係

学生にとっては、英語の勉強を通じて人生経験豊かなお年寄りにたくさんのアドバイスをもらったり、またお年寄りにとっては孫ほどの年齢の若者と会話をすることが、とても楽しみな時間になっているようだ。会話の様子は録画されており、チャットが終わったらYouTubeのプライベート・チャンネルでCNAの講師が映像をチェック。それで学生たちを評価する仕組みになっている。何だか心が温まる外国語の勉強法だ。

Licensed material used with permission by CNA – Speaking Exchange 

関連記事リンク(外部サイト)

【賛否両論】遺伝子操作された「蚊」で、デング熱を撲滅する計画
3D映像が楽しめる、新たな音楽プレイヤーが登場!(動画アリ)
米大学が開発した太陽光パネル、キーワードは「透明」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP